人気ブログランキング |

筋筋膜性疼痛への電気鍼の有効性(対照群なし)

僧帽筋上部のmyofascial painへの電気鍼Electroacupunture (EA) の効果。18 –40歳の20人の女性 (平均=24.95; SD=5.88歳),BMIは19―25 kg/m2 (mean=22.33; SD=0.56 kg/m2),経口避妊薬で定期的な月経周期, 上部僧帽筋に少なくとも1つのmyofascial trigger point が6か月以上あり局所痛あるいは関連痛がある。5週間で9回EAを受ける。 GB20, GB21, LV3, LI4および at “ashi” pointsに鍼を刺す. 2 Hz と100 Hzの混合波を5分ごとに30秒流す。結果は VAS、アルゴメーターで測定したpressure pain threshold (PPT), EMGと the SF-36 questionnaireで測定した生活の質で評価. 結果:治療後には痛みの強さと PPTが有意に改善 (P<0.0001). 右の僧帽筋のEMGは筋収縮中は有意に増加し、これは筋機能が増加することを示し、the SF-36の肉体機能に関連した生活の質が改善したことを示す (P<0.05).
Rev Bras Fisioter. 2011 Oct 14. pii: S1413-35552011005000022. [Epub ahead of print]
Efficacy of electroacupuncture for myofascial pain in the upper trapezius muscle: a case series.
Aranha MF, Alves MC, Bérzin F, Gavião MB.
Department of Morphology, Piracicaba Dental School, Universidade Estadual de Campinas, Piracicaba, SP, Brazil.

by fibromyalgia11 | 2011-10-22 14:09 | 筋筋膜性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line