人気ブログランキング |

膀胱痛症候群

膀胱痛症候群―以前は間質性膀胱炎と呼ばれていたーは骨盤の疼痛と尿の過敏症状で特徴付けられる慢性膀胱症候群。原因は不明であるが膀胱の粘膜障害、炎症、神経学的機能障害と考えられている。診断は困難である、なぜなら慢性骨盤痛、子宮内膜症、過活動膀胱、尿路感染症、外陰部痛などの他の原因と症状が類似しており特異的所見がないためである。病歴と理学所見が診断をつけ他の疾患と鑑別できる。治療は行動療法、経口投与、膀胱内投与や難治例では手術。
J Reprod Med. 2011 Sep-Oct;56(9-10):405-9.
Bladder pain syndrome/interstitial cystitis: a reappraisal for the clinician.
Mahmoud MS.
Department of Obstetrics, Gynecology and Reproductive Biology, College of Human Medicine, Michigan State University Women's Healthcare, 1200 East Michigan Avenue, Suite 700, Lansing, MI 48912, USA. mohamad.mahmoud@hc.msu.edu

by fibromyalgia11 | 2011-10-22 22:42 | 外陰部痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line