人気ブログランキング |

機能性消化不良と過敏性腸症候群の合併率

慶応大学。機能性胃腸疾患functional gastrointestinal (GI) disordersの中で, 機能性消化不良functional dyspepsia (FD) とirritable bowel syndrome (IBS)は頻繁に起こる疾患。Upper GI symptoms such as 胸焼け, 食後の腹部膨満(感), 早期満腹感, 心窩部の痛みや灼熱感などの上部消化管症状や便秘や下痢などの下部消化管症状はしばしば同時に存在する。Although the prevalence of FD-IBSが合併した有病率は研究人口の選択に影響され、FD-IBSの重なる割合は11%-27%.特に, FD-IBSの重なりはFD単独やIBS単独よりも症状が強いことと関連する。FD-IBSの重なりは一般的であるため、二つの症候群は互いに独立して治療すべきではない。

Overlap syndrome of functional dyspepsia and irritable bowel syndrome - are both diseases mutually exclusive?
Suzuki H, Hibi T.
J Neurogastroenterol Motil. 2011 Oct;17(4):360-5. Epub 2011 Oct 31.

by fibromyalgia11 | 2011-12-11 16:30 | 機能性胃腸障害
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line