人気ブログランキング |

神経障害性疼痛に対するオピオイドの効果

Neuropathic はperipheral neuropathic pain (with a primary lesion or dysfunction in the peripheral nervous system) とcentral neuropathic pain (CNP; with a primary lesion or dysfunction in the central nervous system)に分類. CNPはさらにsupraspinal central neuropathic painと spinal central neuropathic painに分類できるかも. Opioidsはneuropathic painの薬物治療に役割がある;しかし, opioidsによるCNPの治療の文献は不足している. opioids のCNPでの鎮痛効果に関する文献の中で数少ない記述の1つは、データは少ないが opioid のneuropathic painへの効果は中枢と末梢にある原因で同程度。 極端に少ないデータを総括すると, Opioidsが鎮痛効果のあるCNP患者 のsubpopulationがあるのかもしれないが、CNP peripheral neuropathic painよりもopioidsに反応しにくいようだ。そのため, opioidsはCNPの薬物治療においては第二または第三選択にすべきである. CAPの中では, supraspinal central neuropathic painはspinal central neuropathic painよりもopioidsに反応しにくいようだ. さらに, 便秘などの副作用を観察しながら,難治性のsupraspinal central neuropathic painに無効と判断する前に医師は少量から大量まで漸増すべき

Pain responsiveness to opioids: central versus peripheral neuropathic pain.
Smith HS, Meek PD.
J Opioid Manag. 2011 Sep-Oct;7(5):391-400.

by fibromyalgia11 | 2011-12-16 00:49 | 神経障害性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line