人気ブログランキング |

侵害受容性疼痛でなければ治療はほぼ同じ


 痛みは原因の観点から侵害受容性疼痛と神経障害性疼痛、およびその合併の三つに分類されます。典型的な場合には侵害受容性疼痛や神経障害性疼痛とすぐに診断可能ですが、それが不明瞭な場合もあります。あ侵害受容性疼痛と神経障害性疼痛の合併の場合の診断は不明瞭です。
 侵害受容性疼痛か神経障害性疼痛かがかわからない場合にはまず、前者の治療を行えばよいのです。カロナール、セレコックス、ロキソニンの順に使用し、最後はボルタレン座薬です。オピオイドの使用は別として、それで効果が不十分であれば神経障害性疼痛の治療を行えばよいのです。NSAIDが不十分ながら有効であればNSAIDに神経障害性疼痛の治療を追加し、NSAIDが無効ならNSAIDを中止して神経障害性疼痛の治療を中止すればよいのです。
 神経障害性疼痛の治療は単純です。基本的には線維筋痛症の治療をすればよいのです。線維筋痛症の治療とかなり異なる神経障害性疼痛はありますがそれは例外です。片頭痛の発作時、三叉神経痛、複合性局所疼痛症候群(CRPS)、群発頭痛がそれに該当します。CRPSの初期にはステロイドが有効なことや、ビスフォスフォネート製剤がCRPSに有効ですが、それら以外は線維筋痛症の治療をCRPSに流用することは許容されます。
 神経障害性疼痛と判断したら厳密な診断にこだわる必要はありません。正確な診断ができればそれが望ましいのですが、正確な診断ができない場合に治療を行わないことは望ましくありません。たとえば脳卒中がある場合、脳卒中が原因の痛みであるのか、線維筋痛症あるいはそのグレーゾーンが原因の痛みであるのかを厳密に鑑別することは不可能です。場合によっては両者が原因かもしれません。線維筋痛症の治療をすればよいのです。診断がつかないから治療ができないという医学理論は捨てた方がよいと思います。診断不能のまま治療を行えばよいと思います。
 線維筋痛症の治療を勧める理由は三つです。①有効な治療方法が恐らく神経障害性疼痛の中で最も多い。②線維筋痛症あるいはそのグレーゾーンは人口の少なくとも20%であり、それらには線維筋痛症の治療が有効です。片頭痛の予防薬は線維筋痛症の治療を類似していることを鑑みれば、恐らく線維筋痛症の治療が有効な神経障害性疼痛が、神経障害性疼痛のなかで最も多い。③症状が広範囲で多彩である。

by fibromyalgia11 | 2011-12-27 19:29 | 神経障害性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line