人気ブログランキング |

療養病棟から非ステロイド抗炎症薬を追放しよう

 非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS)には消化管出血という恐ろしい副作用があります。死亡する人も少なくありません。私は療養病棟に勤務しています。療養病棟から鎮痛目的のNSAIDSをほぼ追放することができました。ただし、解熱目的や脳梗塞予防目的の使用は除外します。
 NSAIDSを使用しない基本はカロナールの使用です。NSAIDSとカロナールを使用し、NSAIDSの方が鎮痛効果が強い場合のみにNSAIDSを使用するようにしています。入院時にNSAIDSを飲んでいる場合には通常2日以内に(多くは入院時に)カロナールに変更しています。NSAIDS内服時とカロナール内服時の痛みを比較し、NSAIDS内服時の痛みが軽い場合のみ、NSAIDS内服を継続します。これによりほとんどのNSAIDSを中止可能です。
 神経障害性疼痛の場合には、NSAIDSではなく、神経障害性疼痛に有効な鎮痛薬すなわち線維筋痛症に有効な鎮痛薬を使用しています。
 

by fibromyalgia11 | 2012-01-20 23:49 | その他の疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line