人気ブログランキング |

ドイツ人における慢性痛の有病率と合併症

無作為に選択した3011人 (≥15歳),はドイツを代表しており、電話インタビュー。 慢性痛は3か月以上と定義。DSM-IV-TRで精神疾患を評価。ICD-10で器質的疾患を評価。全体で, 26.8% (95% confidence interval: 25.2-28.4%)が痛みを報告; 1.9%が急性痛 (つまり3か月未満), 慢性痛は24.9%. さらに詳しく, 18.4%は非神経障害性疼痛 (non-NeP) で6.5% はNePの特徴. NePには non-NePとは異なるいくつかの特徴あり: non-NePと比較しての個々のNePの特徴は痛みの程度が強く日常活動への障害が大きい。大うつ病障害はnon-NePに3倍罹患しやすく、NeP の特徴に6倍なりやすい。肥満、糖尿病、高血圧、脳血管疾患、神経系の疾患、血液疾患と造血器疾患はNePを持つ危険性が高いがnon-NePではそうではない. non-NeP とNePの特徴間の有病率と合併症の差はこれらの痛みを分けることの重要さを示している。NeP患者はnon-NeP患者より日常生活における障害が大きい。

J Psychiatr Res. 2012 Jan 20. [Epub ahead of print]
Prevalence and comorbidity of chronic pain in the German general population.
Ohayon MM, Stingl JC.
Stanford Sleep Epidemiology Research Center, Stanford University School of Medicine, 3430 W. Bayshore Road, Stanford, Palo Alto, 94303 CA, USA.

by fibromyalgia11 | 2012-01-29 00:27 | 神経障害性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line