人気ブログランキング |

線維筋痛症に対する低用量成長ホルモンの有効性

120人のFM患者が多施設、偽薬対照の18か月の研究に参加。 無作為に6ヵ月間の0.006mg/kg/dayの成長(GM)ホルモン皮下注 of GH (group A, n=60)又は偽薬 (group B, n=60) に分ける(blind phase)。偽薬群はGH治療に6ヵ月後から12ヵ月後まで変更 (open phase), そして、GHを18か月後まで中止して経過観察。 FMの標準的な治療 (SSRI、オピオイド、amitriptyline) は研究中継続する。圧痛点の数と強さ、subscales を伴ったFIQ,およびVASを伴った EuroQol 5 dimensions test (EQ5D)を異なる時点で評価。研究終了時、A 群の53%の患者は圧痛点の数が11未満になり, B群の患者の33%がそうであった (P<.05). VASが50%以上改善した割合はは各々39.1% vs 22.4% (P<.05)。A群の患者は B群の患者より有意にFIQの点数が改善 (P=.01) 。経過観察中のGHの中止は両群ですべての点数を悪化させ、GHで治療した群では痛み認知の障害は少なかった(P=.05).

Pain. 2012 Mar 30. [Epub ahead of print]
Growth hormone treatment for sustained pain reduction and improvement in quality of life in severe fibromyalgia.
Cuatrecasas G, Alegre C, Fernandez-Solà J, Gonzalez MJ, Garcia-Fructuoso F, Poca-Dias V, Nadal A, Cuatrecasas G, Navarro F, Mera A, Lage M, Peinó R, Casanueva F, Liñan C, Sesmilo G, Coves MJ, Izquierdo JP, Alvarez I, Granados E, Puig-Domingo M.
Endocrinology Department Centro Médico Teknon and Clinica Sagrada Familia, Barcelona, Spain.

 副作用の問題、適用症の問題があります。成長ホルモンが線維筋痛症に有効かどうかは現時点では何ともいえません。

by fibromyalgia11 | 2012-04-07 15:16 | FMの薬物治療各論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line