人気ブログランキング |

筋筋膜性疼痛に対するBotulinum toxinの有効性は疑問

Cochrane。MPSに対するBotulinum toxinのトリガーポイント注射の効果。言語の制限なし。4つの研究233人。偽薬とbotulinum toxin A (BTXA)を比較。145人を対象にした1つの研究では, BTXAを偽薬と比べると痛みの程度の点数は有意に改善,平均の差 (MD) は-0.23 (95% CI -0.26 ― -0.20; P value < 0.00001) 日中の痛みの期間 (MD -1.11; 95% CI -1.37 to -0.85; P value < 0.00001)であった。他の3つの研究では痛み。結論:研究が異質であったためメタ解析は不能。MPSの治療にBTXAを使用することを支持するには不確実な証拠。

Cochrane Database Syst Rev. 2012 Apr 18;4:CD007533.
Botulinum toxin for myofascial pain syndromes in adults.
Soares A, Andriolo RB, Atallah AN, da Silva EM.
Department of Medicine, Universidade Federal de São Paulo, Rua Curral Del Rey, 389 apt.104 Bairro Padre Eustaquio, Belo Horizonte, Minais Gerais, Brazil, 30720-220.

by fibromyalgia11 | 2012-04-21 12:39 | 筋筋膜性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line