人気ブログランキング |

反復経頭蓋磁気刺激と経頭蓋直流刺激は高額

反復経頭蓋磁気刺激(repetitive transcranial magnetic stimulation: rTMS)。経頭蓋直流刺激(transcranial direct current stimulation: tDCS)。23人中9人は一次運動野(M1)又は背外側前頭前皮質 (DLPFC)で構成される脳の刺激部位を含む。5つの研究はrTMS (high-frequency-M1: 2, low-frequency-DLPFC: 2, high-frequency-DLPFC: 1)を用い, 4つの研究はtDCS (anodal-M1: 1, anodal-M1/DLPFC: 3)を用いる。8つは二重盲検法、無作為振り分け研究。痛みを測定した大部分 (80%) のrTMS 研究では有意に低下したが, 痛みを測定した全ての(100%) tDCS研究は有意に低下。有意な痛みの軽減の長時間の持続がs M1 rTMS/tDCSの刺激で認められた。結論:M1でのrTMS/tDCS刺激により同様な痛みの軽減とFDAがFMSに認可した薬物治療よりもかなり軽い副作用。最も多い副作用は軽度であり、一過性の頭痛と刺激部位での頭皮の不快感。1年間のrTMS/tDCS の治療を受けることは高額 ($11,740 to 14,507/年);しかし, その費用に見合うだけのFMS患者にとっての臨床的な利益と生活の質の利益はない。それゆえ、rTMS/tDCSは他の治療で適切な症状の緩和が得られないFMS患者に治療すべきである
Pain Pract. 2012 May 28. doi: 10.1111/j.1533-2500.2012.00562.x. [Epub ahead of print]
Efficacy of Transcranial Direct Current Stimulation and Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation for Treating Fibromyalgia Syndrome: A Systematic Review.
Marlow NM, Bonilha HS, Short EB.

by fibromyalgia11 | 2012-05-30 21:36 | FMの非薬物治療
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line