人気ブログランキング |

中枢性神経障害疼痛へのブプレノルフィン貼付剤(ノルスパンテープ)の有効性


ブプレノルフィン(レペタン、ノルスパンテープ)、ブプレノルフィン貼付剤(ノルスパンテープ)
53歳男性が脳出血により右片麻痺と半側感覚消失。3か月後右半身の定常的な灼熱痛。中枢痛症候群と診断され抗痙攣薬とTCAで治療。痛みは軽度改善したが、眠気で増量不能。経口opioids (morphine and hydrocodone with acetaminophen)で治療するが増量により認知機能障害。opioid rotationをした後morphineを transdermal fentanylに変更したが痛みは軽減せず、生活の質も改善せず。buprenorphine貼付剤を開始し、1週間ごとに増量。buprenorphine patch 60 μg/hを7日間ごとに貼ると痛みは劇的に改善。 自己報告のVASは平均で8/10から2/10以下に改善. 機能と自宅でできることは増加。Buprenorphineはμ-受容体とκ-δ 受容体の部分的な拮抗薬でありNMDA受容体を阻害し中枢性過敏に引き続く痛覚過敏を軽減する。
J Opioid Manag. 2012 Nov-Dec;8(6):414-5. doi: 10.5055/jom.2012.0141.
Transdermal buprenorphine controls central neuropathic pain.
Weiner M, Sarantopoulos C, Gordon E.
Department of Anesthesiology, Perioperative Medicine and Pain Management, University of Miami, Miami, Florida.

by fibromyalgia11 | 2012-12-30 22:53 | 神経障害性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line