脊髄電気刺激は二重盲検法で無効


脊髄電気刺激は慢性神経障害性疼痛や血管性疼痛の治療と認識されている。最近のデータでは高周波(high-frequency:HF)刺激がparesthesiaなしで鎮痛効果を発揮すると示唆。目的:刺激(HF spinal cord stimulation [HFSCS]) と偽刺激の効果を患者の全般的印象の変化(patient's global impression of change:PGIC), 痛みの強さ,および生活の質で比較。方法:通常のSCSで安定した鎮痛の得られた40人の患者。無作為に振り分け、HFSCSおよび偽刺激を二重盲検で2期間のクロスオーバーで行った。結果:完全なデータを33人で得た。一次的な結果はPGICでは最小の改善. HFSCSで改善した患者の割合は42.4% (14/33 patients) vs. 偽刺激で改善した患者の割合は30.3% (10/33 patients). The mean benefit of HF vs. 偽刺激の平均改善は有意ではなく、HFSCSで11.2%優れていた (p = 0.30)。受けた治療に関わりなく"効果のある期間" は有意に高く, 3回目の受診では51.5%の患者(N = 17)が改善し、5回目の受診では 21.2% (N = 7) が改善(p = 0.006). 痛みのVASの平均は偽刺激では4.26 vs. HFSCSでは4.35(p = 0.82)であり、EuroQol five-dimensional (EQ-5D)指数の平均はHFSCSでは0.480 vs. 偽刺激では0.463 (p = 0.78).
Neuromodulation. 2013 Feb 20. doi: 10.1111/ner.12027. [Epub ahead of print]
Analgesic Efficacy of High-Frequency Spinal Cord Stimulation: A Randomized Double-Blind Placebo-Controlled Study.
Perruchoud C, Eldabe S, Batterham AM, Madzinga G, Brookes M, Durrer A, Rosato M, Bovet N, West S, Bovy M, Rutschmann B, Gulve A, Garner F, Buchser E.
Department of Anaesthesia and Pain Management, EHC-Hôpital de Morges, Morges, Switzerland.

 高周波刺激が無効ということなのでしょうか。あるいは背傷時電気刺激そのものが無効ということなのでしょうか。衝撃的な論文です。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-02-23 18:27 | その他の疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line