老人ホームにおける向精神薬と転倒の関係


方法:2010年5月から2011年5月まで)アメリカのボストンの二つの老人ホーム長期入所者851人。薬の変更 (たとえば新たな処方や以前処方していた薬の増量)。向精神薬の変更の7日前と7日後の転倒の率を計算。結果:研究中に48%の入所者は向精神薬を新たに処方されたか増量された。転倒率はSSRI versus non-SSRI抗鬱薬変更後7日間では同様(11.9 versus 14.4 falls/1,000 person years; p = 0.58), 定型的versus 非定型的抗精神病薬 (25.4 versus 17.1 falls/1,000 person years; p = 0.10), あるいは短期作用型versus 長期作用型benzodiazepine (15.2 versus 13.9 falls/1,000 person years; p = 0.23). 転倒の危険性は薬を変更する4日前 (19.0 falls/1,000 person days), 薬を変更した後2日間 (17.6-20.3 falls/1,000 person days), および薬を変更した後5-6日 (17.6-19.0 falls/1,000 person days)で最も高い。
BMC Geriatr. 2013 Feb 22;13(1):19. [Epub ahead of print]
Psychotropic drug initiation or increased dosage and the acute risk of falls: a prospective cohort study of nursing home residents.
Echt MA, Samelson EJ, Hannan MT, Dufour AB, Berry SD.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-04 01:18 | その他の疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line