帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛の治療


発疹期の程度と期間を減らし、急性痛の程度を減らすため、帯状疱疹にはできれば抗ウイルス剤を発症から72時間以内に開始する。PHNは局所治療と全身治療で治療。局所のlidocaineおよび capsaicinが有効. 痛みが強烈な患者では以下の薬を全身投与(推薦順): 抗痙攣薬のgabapentin およびpregabalin, TCAの amitriptyline, nortriptyline, およびdesipramine, そして最後にopioid 鎮痛薬のtramadol, morphine, oxycodone, およびmethadone. PHNに進展する危険性の高い患者では, herpes zoster発症の早期にgabapentin 又はamitriptylineを投与。新しいzosterワクチンはherpes zosterおよび PHNの発生率を減らすのに有効のようだ。
Am J Clin Dermatol. 2013 Mar 2. [Epub ahead of print]
Management of Herpes Zoster and Post-Herpetic Neuralgia.
Gan EY, Tian EA, Tey HL.
National Skin Centre, 1 Mandalay Road, Singapore, 308205, Singapore.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-09 22:50 | その他の疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line