人気ブログランキング |

地域における難治性神経障害性疼痛



5 つのUKの地域の10のgeneral practitioner practicesから無作為に選んだ1万人の成人に自己記入式のアンケートを送った。アンケートには慢性痛の同定および程度の関する質問, 痛みの原因, SF-12, EQ-5D, S-LANSS (Self-administered Leeds Assessment of Neuropathic Signs and Symptoms), PSEQ (Pain Self-Efficacy Questionnaire), neuropathic pain への投薬, および医療施設の利用を含む。international expertsのDelphi surveyによって同定された定義に基づく「難治性」の神経障害性疼痛の存在と特徴を調べた。完了したアンケートが4451人から返送され (反応率47%); 399人が"神経障害性疼痛の特徴を持った慢性痛" (S-LANSS陽性, 研究対象の8.9%); 215人 (53.9%)は 関連した既往あり("Possible neuropathic pain"); そして98人 (全慢性痛の4.5%)は少なくとも1つの神経障害性疼痛の薬 を内服("Treated possible neuropathic pain")。大部分の難治性の症例は著しく悪い身体的健康や精神的健康、痛みの自己効力感が低いこと、痛みの強さが強いこと、痛みに関連した障害、医療施設の使用頻度が高いことと関連する。
Pain. 2013 Jan 23. pii: S0304-3959(13)00004-3. doi: 10.1016/j.pain.2012.12.022. [Epub ahead of print]
Neuropathic pain in the community: More under-treated than refractory?
Torrance N, Ferguson JA, Afolabi E, Bennett MI, Serpell MG, Dunn KM, Smith BH.
Medical Research Institute, University of Dundee, Dundee, UK. Electronic address:

by fibromyalgia11 | 2013-03-16 16:56 | 神経障害性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line