人気ブログランキング |

線維筋痛症では軽度の飲酒者の方が非飲酒者より症状が軽い


方法:946人のFM患者の自己報告のアルコール消費のデータを解析。対象はアルコール消費レベルによりグループ分けした(1週間あたりの飲酒の回数): none, 軽度(3回以下), 中等度 (>3 to 7), および重度(>7)。単変量解析 were used to find potential confounders, and analysis of covariance was used to adjust for these confounders. Tukey HSD pairwise comparisons were used to determine differences between alcohol groups.結果:546人 (58%) はアルコール消費なし.軽度の、中等度の、および重度のアルコール消費は各々338人 (36%), 31人 (3%), および31人 (3%)。就労状況 (P <0.001), 教育レベル (P = 0.009),BMI(P = 0.002) およびopioid使用 (P = 0.002)はグループ間で有意に異なり、非飲酒者に比べて飲酒者の方が有意に教育レベルが高く、BMIが低く失業状態の頻度が低く、オピオイド使用の頻度が低い。これらの差を補正すると,圧痛点の数 (P = 0.01), FIQ 全点数(P = 0.01), 身体機能 (P <0.001), 欠勤(P = 0.005), 就労能力 (P = 0.03), および痛み(P = 0.001)はグループ間で異なり, SF-36 subscalesの身体機能 (P <0.001), 痛み (P = 0.002), 全般的な健康の認識(P = 0.02), 社会的な機能(P = 0.02), およびphysical component summary (P <0.001)も同様。4群間の一対比較によると非飲酒者よりも中等度又は軽度のアルコール消費の方がFM症状の程度が低く、身体的な生活の質が優れている。その理由は不明。最近の研究によると、gamma-Aminobutyric Acid (GABA)レベルはFM患者では低く, アルコールはGABA拮抗薬として知られている。
Arthritis Res Ther. 2013 Mar 15;15(2):R42. [Epub ahead of print]
Association between alcohol consumption and symptom severity and quality of life in patients with fibromyalgia.
Kim CH, Vincent A, Clauw DJ, Luedtke CA, Thompson JM, Schneekloth TD, Oh TH.

 症状が軽いから飲酒量可能なのかもしれません。また内服薬によっては飲酒してはならない薬もあります。

by fibromyalgia11 | 2013-03-23 15:25 | FMの症状
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line