人気ブログランキング |

脊髄損傷後神経障害性疼痛への薬物治療(系統的総説)

 
脊髄損傷に関連した神経障害性疼痛に関する系統的総説。効果の結果は11-pointのNRSまたは100 mm VASで痛みが軽減および≥30% 又は≥50%の痛みの軽減を達成した患者の割合。結果:9つの研究は1つのpregabalin研究(n = 136)を除き100人未満の研究。NRSの結果のStandard errorsはしばしば報告されない。 偽薬に対する11-point NRSによる疼痛軽減の概算はpregabalin で-1.72, amitriptyline で-1.65、duloxetine で-1.0, levetiracetamで -1 (中央値)、gabapentin で-0.27, lamotrigine で1 (中央値), そしてdronabinol で2。偽薬に対して30%痛みが軽減するRisk ratiosはlevetiracetam で0.71、 pregabalin で2.56, そして50%の改善ではlevetiracetam で0.94、pregabalin で2.91. メタ解析の比較では偽薬に比べてpregabalinおよび tramadolは有意に副作用が多いが, 偽薬と比べても治療中断には有意差はない。
J Pain Res. 2013 Jul 11;6:539-47. doi: 10.2147/JPR.S45966. Print 2013.
Systematic review and comparison of pharmacologic therapies for neuropathic pain associated with spinal cord injury.
Snedecor SJ, Sudharshan L, Cappelleri JC, Sadosky A, Desai P, Jalundhwala YJ, Botteman M.
Pharmerit International, Bethesda, MD, USA.

by fibromyalgia11 | 2013-07-28 21:10 | 神経障害性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line