人気ブログランキング |

外陰部痛の有病率と危険因子


方法:横断研究で、emailによってオンライン調査を行い、ウェブサイトとソーシャルネットワークで郵送。ポルトガル在住の18歳以上の女性を対象にして2013年6月1日と11月30日に間に調査を行う。参加者は少なくとも6か月外陰部痛と思われる症状がある。結果:1229のアンケートを解析。80人 (6.5%)の女性が調査時に外陰部痛があり, 117人 (9.5%) には以前外陰部痛あり; 人生における有病率16.0%. 妊娠や出産のタイプは外陰部痛とは関連せず. 過去において経口避妊薬を飲んでいた女性は有意にかつて外陰部痛に罹患(P<0.010).カンジダ、性器ヘルペス、尿路感染症、抑うつおよび月経前症候群は以前の外陰部痛罹患に関連 (P<0.01). 痛み症候群、特にFMや膀胱痛症候群は以前の外陰部痛罹患に関連 (P<0.001). 側弯症と子宮摘出術は有意に関連する (P<0.01).
Int J Gynaecol Obstet. 2014 Jul 17. pii: S0020-7292(14)00354-3. doi: 10.1016/j.ijgo.2014.05.020. [Epub ahead of print]
Prevalence of vulvodynia and risk factors for the condition in Portugal.
Vieira-Baptista P1, Lima-Silva J2, Cavaco-Gomes J2, Beires J2.
• 1Department of Gynecology and Obstetrics, São João Hospital, Porto, Portugal. Electronic address: pedrovieirabaptista@gmail.com.
•2Department of Gynecology and Obstetrics, São João Hospital, Porto, Portugal.

by fibromyalgia11 | 2014-08-10 11:41 | 外陰部痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line