人気ブログランキング |

ベンゾジアゼピン系抗不安薬による発癌性


Taiwan National Health Insurance databaseからの12年間のデータにより縦断の人口に基づいた症例対照研究を行い、20歳以上の人でBZDs使用と癌の危険性の関連
を調べた。 研究期間中, 癌と診断された42,500 の症例が同定され、BZDs使用が調べられた. 各症例ごとに, 傾向点数を用いて年齢、性別およびthe index date (例えば、症例が診断を受けた日に癌がない)をマッチさせた6例の対照が割り当てられた。適切な危険性の評価のために,暴露期間(length of exposure:LOE)と 規定された1日量(defined daily dose:DDD)に基づき結果を観察.偏りを再現するため,研究期間中に癌に影響するかもしれない投薬や合併疾患などの可能性のある交絡因子を用いて補正を行った. Cox proportional ハザード回帰と条件付きロジスティック回帰を用いてデータを解析。所見はBZD使用を発がん性の観点で安全群と非安全群に分けた. diazepam (HR, 0.96; 95%CI, 0.92-1.00), chlorodizepoxide (HR, 0.98; 95%CI, 0.92-1.04), medazepam (HR, 1.01; 95%CI, 0.84-1.21), nitrazepam (HR, 1.06; 95%CI, 0.98-1.14), oxazepam (HR, 1.05; 95%CI, 0.94-1.17) の使用はBZDsの中では安全. しかし, clonazepam (HR, 1.15; 95%CI, 1.09-1.22) は癌の危険性が高い. さらに、BZDsの非使用者と比べると、BZDs使用の中で特異的な癌の危険性が有意にあり脳では98%増加, 大腸直腸で葉25% 、肺では10% 増加。Diazepam, chlordiazepoxide, medazepam, nitrazepam,および oxazepam は癌の危険性の点ではBZDの中では安全.
Medicine (Baltimore). 2015 Feb;94(6):e483.
Is Long-term Use of Benzodiazepine a Risk for Cancer?
Iqbal U1, Nguyen PA, Syed-Abdul S, Yang HC, Huang CW, Jian WS, Hsu MH, Yen Y, Li YC.
·1From the Graduate Institute of Biomedical Informatics, College of Medical Science and Technology, Taipei Medical University, Taipei, Taiwan (UI, P-AN, SS-A, H-CY, CWH, M-HH, YY, YC(J)L); Institute of Biomedical Informatics, National Yang Ming University, Taipei, Taiwan (H-CY); School of Health Care Administration, Taipei Medical University, Taipei, Taiwan (W-SJ); Department of Health, Taipei Hospital, Taiwan (M-HH); City of Hope, Duarte, CA, USA (YY); Department of Dermatology, Wan Fang Hospital, Taipei, Taiwan (Y-C(J)L).

by fibromyalgia11 | 2015-02-17 20:19 | 抗不安薬の常用量依存
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line