人気ブログランキング |

神経障害性疼痛に対するリリカとイミプラミンの併用療法


有痛性多発神経症(painful polyneuropathy)患者での4つの5週間の治療からなる無作為振り分け、二重盲検、偽薬対照、クロスオーバー、多施設研究。治療はimipramine 75 mg/day versus pregabalin 300 mg/day versus併用治療versus偽薬。6か月以上の症状, 20-85歳, 0-10点の numeric rating scale (NRS)で4以上の痛み、1週間に少なくとも4日の痛みのpolyneuropathyの患者をこの研究に含む。262人の患者を集め、73人の患者を無作為に振り分け69人の患者のデータを解析。偽薬と比較した痛みへの影響の平均は: 併用(- 1.67 NRS points, p<0.001), imipramine (- 1.08 NRS points, p<0.001) およびpregabalin (- 0,48 NRS points, p=0.03). 併用治療の方が両方の単独治療よりも有意に痛み点数が低い: 併用vs imipramine (p=0.009), 併用vs pregabalin (p<0.001). 併用治療中, 脱落率は高く、患者は高頻度のそして強い副作用を報告。TCAおよび pregabalin の適切な投与量の組み合わせは高用量の単独治療の代わりになりうる しかし、効果と安全性のバランスが問題である。
Pain. 2015 Feb 19. [Epub ahead of print]
Imipramine and Pregabalin Combination for Painful Polyneuropathy. A Randomized Controlled Trial.
Holbech JV1, Bach FW, Finnerup NB, Brøsen K, Jensen TS, Sindrup SH.
•11Department of Neurology, Odense University Hospital, Odense, Denmark 2Department of Neurology, Aalborg University Hospital, Aalborg, Denmark 3Department of Neurology and Danish Pain Research Center, Aarhus University Hospital, Aarhus, Denmark 4Clinical Pharmacology, Institute of Public Health, University of Southern Denmark, Odense, Denmark.

by fibromyalgia11 | 2015-03-03 23:23 | 神経障害性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line