人気ブログランキング |

脊髄損傷後の神経障害性疼痛の系統的総説


脊髄損傷後の神経障害性疼痛の系統的総説 Amitriptylineと gabapentin およびpregabalinが有効性を示す研究が最も多く、第一選択と思われる。Opioidsの結果は臨床研究では論争の的。さらに、副作用の報告によりopioids、ketamineおよびlidocaineを毎日使用することは制限される. capsaicin 又はlidocaineの局所への使用やBotulinum toxinの皮内注射は新しい治療であり脊髄損傷患者にはそれほど研究されておらずさらなる研究が必要。非薬物治療は神経障害性疼痛に追加的な効果があるかも。痛みの治療は痛みのタイプの臨床評価を常に認識する必要がある。患者を経過観察して、個々の治療の効果を評価すべき。
Pain Ther. 2015 Mar 6. [Epub ahead of print]
Management of Neuropathic Pain Associated with Spinal Cord Injury.
Hagen EM1, Rekand T.
•1Institute of Clinical Medicine, University of Bergen, Bergen, Norway.

by fibromyalgia11 | 2015-03-09 18:34 | 神経障害性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line