人気ブログランキング |

急性片頭痛の治療


最近の所見:最近の臨床研究、メタ解析、および実用的なガイドラインは4つのNSAIDs(片頭痛の効果に対して無作為振り分け対照研究のエビデンスがある)(ibuprofen, naproxen sodium, diclofenac potassium, and acetylsalicylic acid) および7つのtriptans (sumatriptan, rizatriptan, eletriptan, zolmitriptan, almotriptan, frovatriptan, and naratriptan)は急性の片頭痛治療に適切なことを確認。選択された患者ではDihydroergotamine (DHE)も適切。まとめ:NSAIDs およびtriptansは急性片頭痛治療の中心であり制吐剤は必要時に追加できる。Opioidsおよびopioidsを含む合併鎮痛薬はルーチンには使用すべきではない。患者に特異的な臨床症状は個々の患者に対する急性治療薬の選択のガイドに有用。急性の投薬は、様々な臨床的な状況において、4つの治療方針にまとめることができる. acetaminophen-NSAID strategyは軽度から中等度からの程度の発作の患者に有用。triptan strategyは強度の発作患者およびNSAIDsにうまく反応しない中等度の強さの発作患者に有用. The refractory migraine strategiesは NSAIDsまたは triptansのみにうまく反応しない人には有効かもしれず、通常に治療が失敗した人には triptans およびNSAIDsの同時併用、DHE、および救急薬(つまりdopamine antagonists, 併用鎮痛薬およびcorticosteroids)を含む。血管収縮薬禁忌患者へのStrategies はNSAIDs, 混合鎮痛薬およびドパミン作動薬を含む。Acetaminophenは妊娠中の急性片頭痛に対する最も安全な薬であり, acetaminophen とcodeineの併用も選択肢. Sumatriptanは選択した患者の妊娠中の選択肢になるかもしれず、授乳中は両立できる。
Continuum (Minneap Minn). 2015 Aug;21(4, Headache):953-972.
Acute Migraine Treatment.
Becker WJ.

by fibromyalgia11 | 2015-08-12 19:19 | 頭痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line