人気ブログランキング |

抗不安薬使用により死亡率が増加する


本研究はBZDの使用の短期間の死亡率に対する影響を調べた。暴露―非暴露コホートはUKのhe Clinical Practice Research Datalink (CPRD) およびフランスのGeneral Sample of Beneficiaries (EGB)から構成。両方の情報源 (およびpractice for the CPRDのみ)において、年齢と性別に従いBZDの偶発的使用者を抗うつ薬/非BZD鎮静薬および対照(抗うつ薬又は抗不安薬/睡眠薬の非使用者)の偶発的な使用者とマッチさせた. コックス回帰モデルを用いて1年時の生存を研究。CPRDにおいて, 最終的な人口はグループあたり94 123人の患者からなる(EGBでは57 287人). CPRDにおいて, 対照群に対するBZD使用者の補正したHR は3.73 (95% CI, 3.43-4.06)であり, 抗うつ薬/非BZD使用者では1.61 (1.47-1.76). BZD使用を時間依存性の共変量と考えると, 12か月の時点での使用の補正したHRは 1.70 (1.36-2.12). EGBにおいては, BZD使用者の補正したHR は1.26 であり(95% CI, 1.08-1.48), 抗うつ薬/非BZD使用者では1.07 (95% CI, 0.91-1.27). BZD使用を時間依存性の共変量と考えると, 2か月の時点での使用の補正したHRは1.03 (0.74-1.44). 国を代表する2つのデータベースを用いると、偶発的なそして多くは時折の使用者においてBZDに関連したすべての原因の死亡の有意なしかし中等度の増加があった。
Eur Neuropsychopharmacol. 2015 Jul 29. pii: S0924-977X(15)00224-2. doi: 10.1016/j.euroneuro.2015.07.006. [Epub ahead of print]
Benzodiazepines and risk of death: Results from two large cohort studies in France and UK.
Palmaro A1, Dupouy J2, Lapeyre-Mestre M3.
•1UMR Inserm 1027, Université Toulouse III, 37, allées Jules Guesde, 31073 Toulouse cedex, France; Service de Pharmacologie Clinique, CHU Toulouse, 37, allées Jules Guesde, 31073 Toulouse cedex, France. Electronic address: aurore.palmaro@univ-tlse3.fr.
•2UMR Inserm 1027, Université Toulouse III, 37, allées Jules Guesde, 31073 Toulouse cedex, France.
•3UMR Inserm 1027, Université Toulouse III, 37, allées Jules Guesde, 31073 Toulouse cedex, France; Service de Pharmacologie Clinique, CHU Toulouse, 37, allées Jules Guesde, 31073 Toulouse cedex, France.

by fibromyalgia11 | 2015-08-12 19:21 | 抗不安薬の常用量依存
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line