人気ブログランキング |

線維筋痛症患者にはインフルエンザワクチンは安全で有効


19人のFMS患者が理学検査と dolorimetric検査を受け、FIQ, 2010年基準の一部分であるthe widespread pain index (WPI) checklist およびthe symptoms severity scale (SSS)に答えた。38人の健常者を対照群として集めた。全参加者に不活化された split virionインフルエンザワクチンを接種した. 血清を集め、抗体価を調べた。接種6週間後、hemagglutination (HI) against A/California (H1N1), A/Perth (H3N2) およびB/Brisbaneにより血清を検査した. (体)液性応答反応[応答]を力価 の4倍以上の増加,又は非防御のベースラインレベル<1/40から1/40のレベルへの増加と定義した。強度のワクチン反はなかった。ワクチン接種前後でWPI, SSS およびFIQの値には有意な変化はなく、これは FMS症状が悪化しないことを示す. ワクチン免疫原性: ワクチン接種6週間後, FMS 患者は、抗体の幾何学的な平均力価の点で有意に増加. ワクチン接種後、H1N1の血清防御の率は22.9%から89.5%へと増加した. 健常対照者において、HI 抗体価も有意に増加。インフルエンザワクチンはFMS患者では安全で有効. これらの結果から、In view of these results, FMS患者は、標準的なWHO推奨に従い、インフルエンザワクチン接種を推奨されるべきである。
Reumatismo. 2015 Sep 16;67(2):57-61. doi: 10.4081/reumatismo.2015.823.
Influenza vaccination is safe and effective in patients suffering from fibromyalgia syndrome.
Ablin JN1, Aloush V, Brill A, Berman M, Barzilai M, Caspi D, Mandelboim M, Levartovsky D, Polachek A, Wolman Y, Paran D, Barkagan M, Elkayam O.
•1Institute of Rheumatology, Tel Aviv Sourasky Medical Center, & Sackler School of Medicine, Tel Aviv University, Tel Aviv. ajacob@post.tau.ac.il.

by fibromyalgia11 | 2015-10-25 12:49 | FMの症状
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line