線維筋痛症患者のバランス障害


方法:入院患者、リウマチ部門の受診者、リハビリテーションプログラムの参加患者からFM患者を選択した。通常用いられている4つの臨床検査を用いて患者のバランスを検査した: Timed Up and Go test (TUG), One Leg Balance (OLB), Berg Balance Scale (BBS) and Lateral Reach Test (LRT). OLBは開眼と閉眼の2つの条件で行った。結果:最終的には、31人の患者(平均年齢47±5.6 歳), 女性29人。23人は既にめまいがあり6人はめまいを感じたことがなかった. 18人は既に1回以上転倒。25人ではバランスに直接または間接的に作用する薬物治療を受けていた。OLB は開眼で38.87±31.5s [28.32; 5.88-120.00] (Mean±SD [中央値; 最小-最大]) 、閉眼で8.00±6.8s [5.05; 2.02-34.99]. Timed Up and Go test score は11.15±3.08s [11.57; 6.13-18.98]. LRT は15.6±6.9cm [14.4; 3.1-27.6]. BBSは 48±6 [50; 37-56]。まとめ:分析的臨床的検査(OLBおよび LRT)によると年齢に基づいた正常と比較すると能力低下。 Ekdahl et al. (1989)によると、開眼でのOLBは60秒が標準. Brauer et al. (1999) によるとLRTは20±2cmが標準。BBSおよび TUGの様な機能検査では同様の結果. FMS患者はバランス障害。
Ann Phys Rehabil Med. 2016 Sep;59S:e111-e112. doi: 10.1016/j.rehab.2016.07.249.
Subjects with fibromyalgia syndrome have a reduction of balance performance.
Vaillant J1, Pissety S2, Martinez S3, Juvin R3.
•1Université de Grenoble-Alpes, laboratoire AGEIS, Grenoble, France. Electronic address: JVaillant@chu-grenoble.fr.
•2CHU de Grenoble-Alpes, école de kinésithérapie, Grenoble, France.
•3CHU de Grenoble-Alpes, clinique de rhumatologie, Grenoble, France.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-02 16:47 | FMの検査
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line