人気ブログランキング |

幻肢痛に対するメマンチン(メマリー)の有効性

幻肢痛(PLP)は切断者の85%で起こる。幻肢痛(PLP)に対するメマンチン(NMDA受容体拮抗薬)の有効性の系統的総説。最初の検索で185の研究と症例報告。選別後、8つの研究を含めた。 1つの前向き研究、一つの症例報告、および2つ症例シリーズで、急性PLPの治療にメマンチンが有効。しかし、1年以上持続する慢性PLPにおいては、4つの前向き研究は、メマンチンの有意な鎮痛効果を示さなかった。すべての研究において、Memantineは良好な耐用性。最近切断を行った者又はその他の鎮痛薬が無効又は耐えられない者では、Memantineは合理的な選択肢の様である。

J PainPalliat Care Pharmacother. 2016 Nov 4:1-7. [Epub ahead of print]

Memantine for the Treatment of Phantom LimbPain: A Systematic Review.

Loy BM, Britt RB, Brown JN.




by fibromyalgia11 | 2016-11-06 19:42 | 神経障害性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line