妊娠中のアセトアミノフェン(カロナール)摂取は胎児の喘鳴(喘息)の危険因子:系統的総説とメタ解析


方法:妊娠中の
paracetamol使用と それに引き続く子供時代の喘息の関連を報告した研究の系統的総説とメタ解析。一次的な結果はの変数は過去12か月の喘鳴。inverse variance weighted方法により、交絡因子で補正していない一覧表にした生データでのrandom 効果のオッズ比 (OR)を統合した。結果:6つの研究をメタ解析。研究した子供の年齢は3084か月。妊娠中のいずれかのステージで何らかのparacetamolに暴露された女児における、現在の喘鳴の危険性のORの統合したrandom効果は1.21 (95%信頼区間1.02-1.44). 研究の特徴は、妊娠のすべての三分期の間のparacetamol 使用との関連、および喘息、強度の喘息およびアトピーとの関連を含んだ.

Clin ExpAllergy. 2011 Apr;41(4):482-9. doi:10.1111/j.1365-2222.2010.03691.x. Epub 2011 Feb 22.

Paracetamol in pregnancy and the risk ofwheezing in offspring:a systematic reviewand meta-analysis.

Eyers S1, WeatherallM,JefferiesS,Beasley R.

1

MedicalResearch Institute of New Zealand, Wellington, New Zealand.sally.eyers@ccdhb.org.nz



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-01-03 09:07
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line