妊娠中のアセトアミノフェン使用は子供が30か月時点での言語の遅延の危険性を高める


方法:妊娠
813週で、theSwedish Environmental Longitudinal, Mother and child, Asthma and allergy(SELMA)研究に登録された754人の女性を含む人口に基づいた妊娠コホート研究。2つの暴露の方法を用いた:(1)受胎から登録までに摂取したAPAPの錠数を母親が報告;(2) 登録時のAPAPの尿中濃度。30か月時点での言語的な発達は子供が使用する言葉の数を含む、看護師の評価と親のアンケートで評価した(<25,25-50 および>50).研究の主要な結果;親による50語以下の使用の報告を言語の遅延(languagedelayLD)と称する。結果:813週で登録した女性の59.2%は受胎から登録までの間にAPAPを摂取したと報告。すべての尿検体でAPAPを計測可能であり、尿中のAPAPは妊娠中に摂取したAPAPの数と相関(P<0.01). 言語の遅延は男児(12.6%)の方が女児(4.1%)より多かった(全体で8.5%).APAP錠の数と尿中APAP濃度の両方は女児での大きなLDと相関したが、男児ではそうではなかった。母親が>6 と報告した女児の間でのvs.0錠のAPAP に対するLDの補正したオッズ比(OR)5.92(95% 信頼区間(CI)1.10-31.94).母親の尿中APAP濃度が最も高い四分位の女児での最も低い四分位に対するLDOR10.34(95% CI 1.37-77.86).完全に除外はできないが、我々の利用できるデータは適用による交絡因子を支持できない。

Eur Psychiatry. 2017 Nov 10. pii:S0924-9338(17)32989-9. doi: 10.1016/j.eurpsy.2017.10.007. [Epub ahead of print]

Prenatal exposure to acetaminophen and children's language development at 30months.

Bornehag CG1,Reichenberg A2,Hallerback MU3,Wikstrom S3,Koch HM4,Jonsson BA5,Swan SH2.

1

KarlstadUniversity, Karlstad, Sweden; Icahn School of Medicine at Mount Sinai, NY, USA.Electronic address: carl-gustaf.bornehag@kau.se.

2

IcahnSchool of Medicine at Mount Sinai, NY, USA.

3

KarlstadUniversity, Karlstad, Sweden.

4

Instituteof the Ruhr-University, Bochum, Germany.

5

LundUniversity, Lund, Sweden.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-01-15 20:51 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line