出生前と出生後の両方でのアセトアミノフェン暴露は喘息の危険性を高める

方法:前向きのCzech European Longitudinal Study of Pregnancyand Childhoodのメンバーである、1990s年代に生まれた3329人の子供のデータを用いた.出生前と出生後のparacetamol およびaspirin暴露に関するデータ,および可能性のある共変量は母親が記入したアンケートから得た。喘息発生に関するデータは小児科医健康記録から得た。結果: 子供の60.9%は出生後にのみparacetamolを摂取,1.5%は出生前にのみ暴露され、4.9%は妊娠中と幼児期に暴露。11歳時の人口における喘息の有病率は5%。出生前と出生後の両方でのparacetamolの暴露は喘息の発生と関連(補正していないOR1.98, 95% CI 1.02 to 3.87). 出生後の身の暴露も、喘息の危険性の増加と有意に関連. 出生前のみの暴露と結果の間には関連はなかった。aspirinを使用した母親と比べて、妊娠中にparacetamolを使用した母親では、喘息の危険性が非有意ではあるが高かった.

JEpidemiol Community Health. 2018 Jan 25. pii: jech-2017-209960. doi:10.1136/jech-2017-209960. [Epub ahead of print]

Role of combinedprenatal and postnatal paracetamol exposure onasthma development: the Czech ELSPAC study.

Piler P1,Švancara J1,2,Kukla L1,Pikhart H1,3.

1

ResearchCentre for Toxic Compounds in the Environment (RECETOX), Faculty of Science,Masaryk University, Brno, Czech Republic.

2

Instituteof Biostatistics and Analyses, Faculty of Medicine and Faculty of Science,Masaryk University, Brno, Czech Republic.

3

Departmentof Epidemiology and Public Health, University College London, London, UK.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-01-28 13:14 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line