中等度から強度の腰痛又は股関節や膝関節のOAの痛みにオピオイドを開始することを支持しない

鎮痛薬使用にもかかわらず、中等度から強度の慢性腰痛症又は股関節や膝関節のOA痛の患者。結果の評価はマスクして行った。265人中25人が脱落し、240人を無作為振り分け12か月経過観察。オピオイド治療群と非オピオイド治療群。各群は3段階。オピオイド群では、第一段階は速放性morphine,oxycodone, or hydrocodone/acetaminophen.非オピオイド群では、第一段階はacetaminophen (paracetamol)又はNSAID. 各患者の反応に従い、各群の中で、薬を変更、追加又は加減した.オピオイド群では、第一段階は速放性morphine,oxycodone, or hydrocodone/acetaminophen.非オピオイド群では、第一段階はacetaminophen (paracetamol)又はNSAID. 各患者の反応に従い、各群の中で、薬を変更、追加又は加減した.無作為に振り分けた240人の中で(平均年齢,58.3;女性,32[13.0%]), 234(97.5%)が研究完了.グループには12か月間の痛みに関連した機能には有意差はなかった(全般的にはP = .512-か月のBrief Pain Inventory BPI)障害の平均はオピオイド群は3.4であり、非オピオイド群は3.3(difference, 0.1 [95% CI, -0.5 to 0.7]). 痛みの強さは12か月間で非オピオイドが有意に優れていた(全般でP = .03);12-か月のBPI 強度の平均はオピオイド群では4.0であり非オピオイド群では3.5(difference, 0.5 [95% CI, 0.0 to 1.0]). 薬に関連した副作用は12か月でオピオイド群の方が有意に多かった(全般的にはP = .03);12か月での薬に関連した症状の平均はオピオイド群では1.8であり非オピオイド群では0.9(difference, 0.9 [95% CI, 0.3 to 1.5]).まとめ:12か月間での痛みに関連した機能の改善の点で、オピオイドによる治療は非オピオイドによる治療よりは優れていなかった.この結果は、中等度から強度の腰痛又は股関節や膝関節のOAの痛みにオピオイドを開始することを支持しない。

JAMA. 2018 Mar 6;319(9):872-882.doi: 10.1001/jama.2018.0899.

Effect of Opioid vsNonopioid Medications on Pain-Related Function in Patients With Chronic Back Painor Hip or Knee Osteoarthritis Pain: The SPACE Randomized Clinical Trial.

Krebs EE1,2,Gravely A1,Nugent S1,Jensen AC1,DeRonne B1,Goldsmith ES1,3,Kroenke K4,5,6,Bair MJ4,5,6,Noorbaloochi S1,2.

1

Centerfor Chronic Disease Outcomes Research, Minneapolis Veterans Affairs Health CareSystem, Minneapolis, Minnesota.

2

Departmentof Medicine, University of Minnesota Medical School, Minneapolis.

3

Divisionof Epidemiology, University of Minnesota School of Public Health, Minneapolis,Minneapolis, Minnesota.

4

Centerfor Health Information and Communication, Roudebush Veterans Affairs MedicalCenter, Indianapolis, Indiana.

5

Departmentof Medicine, Indiana University School of Medicine, Indianapolis.

6

RegenstriefInstitute, Indianapolis, Indiana.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-11 15:13 | オピオイド
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line