複合性局所疼痛症候群の治療の新しい論文の系統的総説

200931日から2017824日までの英語で記載された無作為対照研究(RCTs)。CRPSの治療に関する系統的総説と叙述的な統合のアップデート。所見: CRPSの治療に関連するために様々な質の35RCTsを見つけた。出版された研究はCRPS の治療にはbisphosphonatesと短期間の経口steroidsの使用を支持する。新たなエビデンスによるとketamine, memantine, 静注免疫グロブリン、硬膜外clonidine,くも膜下clonidine/baclofen/adenosine,有酸素運動、鏡治療、仮想身体交換, および後根神経節刺激の治療の役割を示すが, さらなる確認のRCTsが必要。 同様に研究は末梢性交感神経ブロック(例えば腰椎/胸椎交感神経, 星状神経節, および腕神経叢ブロック)の役割の広がりを示す。まとめ:我々の以前の総説(2010年出版)からCRPSに関連した35RCTsが出版された。しかし研究の質はまちまち。エビデンスレベルTherapeutic I.

Can JAnaesth. 2018 Feb 28. doi: 10.1007/s12630-018-1091-5. [Epub aheadof print]

Treatment of complexregional pain syndrome: an updated systematic review and narrativesynthesis.

Duong S1, Bravo D2, Todd KJ1, FinlaysonRJ3, Tran Q4.

1

JewishGeneral Hospital, Herzl Family Medicine Center, Montreal, QC, Canada.

2

Departmentof Anesthesia, Hospital Clínico Universidad de Chile, University of Chile,Santiago, Chile.

3

Departmentof Anesthesia, Montreal General Hospital, McGill University, 1650 Ave Cedar,D10-144, Montreal, QC, H3G 1A4, Canada.

4

Departmentof Anesthesia, Montreal General Hospital, McGill University, 1650 Ave Cedar,D10-144, Montreal, QC, H3G 1A4, Canada. de_tran@hotmail.com.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-11 15:28 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line