慢性疲労症候群ではテロメアが短くなる

CFSとテロメアの早期消耗の関連。方法:the Georgia CFS観察研究の参加者(n = 639)の経過観察時のデータ.疲労、機能、および症状のアンケートに基づいたサブスケール閾値の1994 CFSResearch Case Definitionを用いて、 参加者を4つの疾患群に分類: もしすべての基準を満たしていればCFS (n = 64),もしCFSの除外状態であればCFS-X (n = 77), 除外状態にもかかわらずいくつかの基準を満たせばISF (不十分な症状/疲労insufficient symptoms/fatigue)(n = 302), そして基準を満たさず除外基準も満たさない場合にはNF (非疲労non-fatigued) (n = 196). 相対的テロメアの長さ(T/S)を、全血からのDNAreal-timePCRを用いて、計測した. General linear modelsを用いて、疾患群又はT/S比と人口統計的、生物学的計測や共変量の関連を推定し、p < 0.05を有意とみなした。結果:平均 T/S 比は疾患群で有意差あり(p = 0.0017); CFS (0.90 ± 0.03)および ISF (0.94 ± 0.02)T/S比は各々NF(1.06 ± 0.04)よりも有意に低い。年齢、性別、BMI、ウエストーヒップ比、労作後倦怠感および教育歴の共変量で補正しても、T/S比の差は有意のまま。テロメアの長さは、CFS, CFS-X およびISFNFに比べて各々635, 254 および424base pairsほど短い. テロメアの長さのこの短縮は、CFS, CFS-X およびISFNFに比べると、10.1-20.5, 4.0-8.2 および6.6-13.7歳の加齢に各々相当する 。さらに、年齢と性別に基づく層別解析によると、ME/CFSとテロメアの短さの関連は45歳未満の女性で大きく抑えられる。

J Transl Med. 2018 Feb27;16(1):44. doi: 10.1186/s12967-018-1414-x.

Association of chronicfatigue syndrome with premature telomereattrition.

RajeevanMS1, Murray J2,3, Oakley L2,4, Lin JS2, Unger ER2.

1

Division ofHigh-Consequence Pathogens & Pathology, Centers for Disease Control andPrevention, 1600 Clifton Road, Atlanta, GA, 30329, USA. mor4@cdc.gov.

2

Division ofHigh-Consequence Pathogens & Pathology, Centers for Disease Control andPrevention, 1600 Clifton Road, Atlanta, GA, 30329, USA.

3

InfluenzaDivision, Centers for Disease Control and Prevention, Atlanta, USA.

4

College ofPublic Health and Human Services, Oregon State University, Corvallis, USA.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-11 15:31 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line