HPVワクチン接種症候群は臨床的幻想か、新たな悲劇的な線維筋痛症モデルか。

独立した調査者がhumanpapillomavirus (HPV)予防接種直後に慢性有痛性自律神経障害の発生を記述. この症候群の真実は激しく議論されている。HPV予防接種後の症例の多くはFMの診断基準を満たす。この論文ではHPV 予防接種に関連した症候群の存在を支持する議論をする。FMの自律神経障害―神経障害モデルはHPV 予防接種後に始まった有痛性の慢性疾患の発生の診断および治療過程の手助けになることを提案. 一方、この真実が補強されれば、HPVワクチン症候群は新たな悲劇的なFMモデルになるかもしれない。

Reumatol Clin.2018 Mar 13. pii: S1699-258X(18)30035-4. doi: 10.1016/j.reuma.2018.01.014.[Epub ahead of print]

HPV vaccination syndrome: A clinical mirage, ora new tragic fibromyalgia model.

[Article in English, Spanish]

Martínez-Lavín M1.

1

Departamentode Reumatología, Instituto Nacional de Cardiología Ignacio Chávez, Ciudad deMéxico, México. Electronic address: drmartinezlavin@gmail.com.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-22 23:08 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line