線維筋痛症におけるミルタザピンの効果:コクラン総説

成人FM患者に対するミルタザピンのコクラン総説。著者の結論:研究によると、mirtazapineは偽薬以上に50%以上の痛みの軽減, Patient Global Impression of Change (PGIC; much or verymuch improved),20%以上の健康に関した生活の質(HRQoL)の改善、あるいは疲労又は抑うつ気分の軽減には恩恵がない. 臨床的に関連のある恩恵は、30%以上の鎮痛、平均痛み点数および睡眠障害で見られた. 眠気、体重増加、ALTの増加は、mirtazapineでは偽薬よりも高頻度。エビデンスの質は低いか大変低く、問題のある 質と結果の3つの研究のうち2つはover indirectness出版の偏りの危険性。どちらかというと、FMにおけるmirtazapineの可能性のある恩恵よりも可能性のある有害性が上回るが、そうはいうものの、少数のFM患者は臨床的に関連のある副作用なしでかなりの症状の軽減が得られるかもしれない.

Cochrane Database SystRev. 2018 Aug 6;8:CD012708. doi:10.1002/14651858.CD012708.pub2. [Epub ahead of print]

Mirtazapine for fibromyalgiain adults.

Welsch P1, BernardyK,Derry S, Moore RA, Häuser W.

1

Health CareCenter for Pain Medicine and Mental Health,Saarbrücken, Germany.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-08-11 18:24 | FMの薬物治療各論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line