人気ブログランキング |

PPIによる結核の危険性:系統的総説


設定:プロトンポンプ阻害剤(PPI)が結核(TB)の発生率に関連付けられているかどうかの包括的な系統的 レビューが不足しています。目的: PPIの使用と結核リスクとの間に関連があるかどうかを解明するために、体系的なレビューを実施する。設計:私たちは、MEDLINE、EMBASE、およびCochrane Libraryデータベースを、開始から2018年2月14日まで検索しました。リスク 非ランダム化研究のバイアス評価ツール(ROBANS)を使用して、各研究の品質を推定しました。少数の研究と結果測定の多様性のため、メタ分析を行うことができませんでした。含まれた研究のすべての結果は叙述的に説明されています。結果: 5つの研究が確認されました。3件のケースコントロール研究では、非PPI使用と比較して、PPI使用は結核発生率と有意に関連しており、リスクは 1.2〜1.7倍高かった(調整済み1.29; 95%CI 1.29-1.30、または1.31; 95%CI 1.22-1.41、調整済みハザード比1.71; 95%CI 1.17-2.50)。コホート研究では、3か月未満のPPI治療と比較して、3か月以上のPPI治療は結核発生率と有意には関連していないことが報告されました。あるコホート研究では、オメプラゾール/パントプラゾールの使用と比較した場合、ランソプラゾールの使用が結核の発症を有意に減少させたことが報告されました。結論:非PPI使用と比較して、PPI使用は結核リスクと有意に関連していたが、研究は異質であった。
Int J Tuberc Lung Dis. 2019 Aug 1;23(8):943-951. doi: 10.5588/ijtld.18.0585.
Association between use of proton pump inhibitors and tuberculosis risk: a systematic review.
Song HJ1, Park H2, Seo HJ3.
1
School of Pharmacy, Sungkyunkwan University, Suwon, South Korea, College of Pharmacy, University of Florida, Gainesville, FL, USA.
2
College of Pharmacy, University of Florida, Gainesville, FL, USA.
3
Department of Nursing, College of Medicine, Chosun University, Gwangju, South Korea.
Abstract
SETTING: A comprehensive systematic review on whether proton pump inhibitors (PPIs) are associated with tuberculosis (TB) incidence is lacking.OBJECTIVE: To conduct a systematic review to elucidate if there is an association between PPI use and TB risk.DESIGN: We searched the MEDLINE, EMBASE, and Cochrane Library databases from their inception through 14 February 2018. Risk of Bias Assessment tool for Non-randomised Studies (ROBANS) was used to estimate the quality of each study. We could not undertake a meta-analysis because of the small number of studies and the diversity of outcome measures. All results of included studies are described narratively.RESULTS: Five studies were identified. In three case-control studies, compared with non-PPI use, PPI use was associated significantly with TB incidence, a 1.2-to-1.7-fold increased risk (adjusted OR 1.29; 95%CI 1.29-1.30, OR 1.31; 95%CI 1.22-1.41, adjusted hazard ratio 1.71; 95%CI 1.17-2.50). A cohort study reported that ≥3 months of PPI treatment was not associated significantly with TB incidence compared PPI treatment of <3 months. One cohort study reported that lansoprazole use decreased TB development significantly when compared with omeprazole/pantoprazole use.CONCLUSION: Compared with non-PPI use, PPI use was associated significantly with TB risk but the studies were heterogeneous.

by fibromyalgia11 | 2019-09-21 23:16 | プロトンポンプ阻害薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line