人気ブログランキング |

モッピー等のポイントサイト

 クレジットカード、何とかペイ、ポイントサイトによりこれまでの常識がひっくり返ります。節約とは1個200円の缶詰を殿で買えば安いかを毎日チラシを見ることではありません。 
 価格.com https://kakaku.com/ では最安値はわかりません。価格.comは一般的な価格を知るうえで参考になるサイトです。無料のクレジットカードを使用しても3%のポイントが付く時代です(5%のポイント還元がこれに追加されることがあります)。何とかペイを使用すれば20%以上の割引があることがあります。
 スマホの契約にも注意が必要です。同じ会社のスマホを契約して節約するという概念は現在では通用しません。au,ソフトバンク、ドコモ、そして楽天ごとに優遇されるインターネットショッピング、電子マネー(何とかペイ)は異なります。無料電話はラインでできるのです。家族間で意図的に異なるスマホを契約して、優遇されるインターネットショッピング、電子マネー(何とかペイ)を複数持つ方が有利です。

 ポイントサイトという概念を知る必要があります。クレジットカードを作る際、クレジットカードを直接申し込むと損をします。正確に言うともらえるはずのポイント(現金とほぼ同じ)をもらえなくなります。クレジットカードを作る際、ポイントサイトを経由してクレジットカードを作ると、各サイト独自のポイントをもらえます。又、楽天ショッピングやヤフーショッピングをする際、ポイントサイトを経由すると、通常購入金額の1%をポイントとしてもらえます。
 ポイントサイトは、登録、維持が無料です。無料で収益になるためこれを利用しないことは損をすることになります。
 様々なサービスでもらえるポイントは、各ポイントサイトで異なります。ポイ得https://poitoku.jp/ あるいはどこ得 https://dokotoku.jp/ には特定のサービスに対する各ポイントサイトでもらえるポイントが記載されています。この際注意すべき点が3つあります。各ポイントサイトの1ポイントの価値が異なることです。10換金ポイントがいくらかを知っておく必要があります。1円から換金できるサイトもありますが、例えば1万円たまらないと換金できないサイトは注意が必要です。この最低換金ポイントがいくらかを知っておく必要が愛rます。また、換金できるサービスを知っておく必要があります。現金、楽天ポイントやTポイント、あるいはマイルなどがあります。


還元率の観点で、JALマイルを貯める際、最適のサイトです。おこずかい獲得にもなります。JALマイルはANAマイルよりもたまりにくいのです。しかし、マイラー用の座席の割合がJALの方が多いようです。マイルがたまりにくいことはライバルが少ないことを意味します。モッピーを介して楽天市場で買い物をするとモッピーでもポイントがたまります。楽天ポイントに交換することが可能ですし、JALマイルに交換も可能です。モッピー!お金がたまるポイントサイト

ECナビ
これも別のポイントサイトです。アンケートは時間の割りにポイントが少ないため、しない方がよい。
https://ecnavi.jp/invite/?id=botkq


Getmoney
お買い物保障制度があります。
https://dietnavi.com/pc/special/startup/?id=3330059

PointTown
ポイントの交換手数料が無料
お買い物保障制度があります。 
https://www.pointtown.com/invite?id=DMxMVMaWqJpKX

by fibromyalgia11 | 2019-11-04 13:49 | クレジットカード、電子マネー
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line