カテゴリ:FMの疫学( 84 )


サウジアラビアの医師の間での線維筋痛症に関する知識の評価

方法:サウジアラビアの異なる地域でphysicians,nurses, and technologist/techniciansに対してオンライン調査。104 人のmedicalpractitionersから回答を得た。臨床症状、診断および治療に関するFMの知識を評価。結果:回答者の26%のみがFM学部{がくぶ}カリキュラムの一部であったと回答し、8.7%のみが FMに関する教育プログラムに参加した. (medical practitionersの約50%はFM 患者を関連のない専門科に紹介したか、患者を誰に紹介すればよいか知らない). 回答者の33.7% のみが診断基準を知っていた. 適切な治療として、理学療法 (69.4%)および薬物治療 (63.9%)が主に報告された。まとめ:サウジアラビアのmedical practitionersの間のFMに関する知識は乏しい。

Saudi J Anaesth. 2018Apr-Jun;12(2):178-182. doi: 10.4103/sja.SJA_458_17.

Assessment of medical practitioners' knowledgeof fibromyalgia in Saudi Arabia.

Kaki AM1, Hazazi AA2.

1

Departmentof Anesthesia and Critical Care, Faculty of Medicine, King AbdulazizUniversity, Jeddah, Kingdom of Saudi Arabia.

2

Departmentof Anesthesia, Prince Sultan Military Medical City, Riyadh, Kingdom of SaudiArabia.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-04-16 20:52 | FMの疫学

線維筋痛症患者の26年後

26年前に一次性線維筋痛症(primary fibromyalgiapFM) と診断された28人の患者の結果を調べた。1986年に, 56人のwidespread pain患者を調べ 基本的なアンケート(base questionnaireBQ)に答えた.そのうち,42人がpFMYunus基準を満たした. 26年後、38人の住所を見つけ、詳細な経過観察アンケート(follow-up questionnaireFupQ)を郵送した.そのうち, 28(74%) FupQに答えた。これはBQの質9つの同一の質問および症状および生活の質(Qol)の変化に関する質問を含む. 3人の患者(11%) FMが治癒, そして23%は少なくとも1年間1つまたはいくつかの症状が継続。その他は (n = 25), painおよび ache以外のすべては軽度悪化。高齢化と FMにもかかわらず, Stanford Health AssessmentQuestionnaire (HAQ) で評価された機能的能力のレベルは同じレベルのまま (BQ 0.41vs. Fup 0.44, p = 0.82).報告された症状の合計点数(n = 21)は有意には変化せず (10.8 (SD 2.9) vs. 11.1 (SD 4.1),p = 0.75). 経験された不眠は大部分で有意に増加(27 vs. 65%,p = 0.0034). 訓練は計測された指標の変化には有意な変化は与えず. しかし、3人の治癒した患者は訓練を定期的に受けていた。FMの主観症状は、自己報告の機能的能力の有意な悪化なしで、大部分の患者で自己報告の10年間継続した。患者の約1/4は疾患の間に長期間の症状のない期間がある. 3人の患者(11%) FMが治癒したと報告.

Clin Rheumatol. 2018 Jan 9. doi:10.1007/s10067-017-3967-0. [Epub ahead of print]

Severity of symptoms persists for decades in fibromyalgia-a 26-year follow-up study.

Isomeri R1, MikkelssonM2,3, PartinenM4,5, Kauppi MJ2,3.

1

, Helsinki,Finland. risto@isomeri.fi.

2

Päijät-HämeCentral Hospital, Keskussairaalankatu 7, 15850, Lahti, Finland.

3

Faculty ofMedicine and Life Sciences, Tampere University, Tampere, Finland.

4

HelsinkiSleep Clinic, Vitalmed Research Center, Helsinki, Finland.

5

Departmentof Clinical Neurosciences, University of Helsinki, Helsinki, Finland.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-01-15 21:34 | FMの疫学

FM患者の約半数はADHD(注意欠陥・多動障害)

方法;横断観察研究において、以前FMSと診断された123人の患者をp the World Health Organization Adult ADHD Self Report scale v1.1を用いて成人ADHDの検査を行った. FIQ-Rを用いてFMSの強度を評価した. 認知の評価はthe 2011modified American College of Rheumatology基準およびFIQ-Rに従って自己報告に基づいた。結果: 123人の参加者のうち, 44.72%信頼区間;3.77-29.86, P < 0.01).

Pain Med. 2017 Nov 1.doi: 10.1093/pm/pnx275. [Epub ahead of print]

Screening for Adult ADHD in Patients with Fibromyalgia Syndrome.

vanRensburg R1, Meyer HP1, HitchcockSA1, SchulerCE2.

1

Departmentof Family Medicine, University of Pretoria, Pretoria, South Africa.

2

Privatepractice.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-11-05 21:48 | FMの疫学

線維筋痛症はCRPSの危険因子

方法:橈骨遠位端骨折の診断と治療のためのInternational Classification of Diseases, 9th Revision (ICD-9) およびCurrent Procedural Terminology (CPT) codesを用いて、PearlDiver Medicare データベースに問い合わせた。患者をFMコホートと対照コホートに分け、CRPSの有病率を外傷又は治療から36912か月で計測。交絡要因を減らし付加的な危険因子を同定するために人口統計的要因、治療方法、および合併状態を多変量ロジスティック回帰により解析した。結果:データベースによると853 186人が橈骨遠位端骨折であり、そのうち6%が過去にFMの診断を受けていた。橈骨遠位端骨折後のCRPSTの有病率はFMコホートでは対照群よりも36912か月の時点で増加し、1年での発生率は0.51%であり対照群は0.20% (オッズ比[OR],2.54, P < .001). 多変量ロジスティック回帰はその関連を支持し, OR 2.0と推定( P < .001)。さらに、女性、手術療法又は徒手整復療法、および不安はCRPSと正の関連があり, >65の年齢、糖尿病、および心不全は負の関連。

Hand (N Y). 2017 Oct 1:1558944717735949. doi:10.1177/1558944717735949. [Epub ahead of print]

Fibromyalgia as aPredictor of Complex Regional Pain Syndrome AfterDistal Radius Fracture.

Lipman MD1, Hess DE1, Werner BC1, Deal DN1.

1

1 Universityof Virginia Health System, Charlottesville, USA.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-10-22 23:17 | FMの疫学

中国における線維筋痛症

Liberation Army (PLA) General Hospitalで横断研究を行った. 107人の中国人のFM患者 (86人の女性,21人の男性). 86人の患者がアンケートを完了。Descriptive, differences, and correlation 解析を行った. 結果によると、中国人のFM患者は中央値で37歳で症状が始まり、男女比は1:4.1. 大部分の患者は発症後約2年で診断された. 60 %近い(59.81%)患者は大学より下の教育であり, 58.88%はフルタイムの仕事がなく、41.12%には腰痛あり. 86人の患者中,58 (67.4%)に不安があり、75 (87.2%)に抑うつあり.FM患者は各面で生活の質が悪く、社会支援が不足。過去7日間の痛みのレベルは患者の global impression ofseverity (PGI-S; r = 0.651, p < 0.001) および患者のglobal impression of bother (PGI-B;r = 0.628, p < 0.001)と強く相関.PGI-B short-formhealth survey (SF-36)の中の7つのサブスケールと相関. この研究は中国人の患者の臨床的、精神的な特徴を示した。診断は約2年と遅れた。

Clin Rheumatol. 2017 Oct 13. doi:10.1007/s10067-017-3872-6. [Epub ahead of print]

Clinical, psychological features and quality oflife of fibromyalgia patients: a cross-sectionalstudy of Chinese sample.

Zhang Y1, Liang D1, Jiang R1,2, Ji X1, Wang Y1, Zhu J1, Zhang J1, Huang F3.

1

Departmentof Rheumatology, Chinese PLA General Hospital, No.28, FuXing Road, Beijing,100853, China.

2

Departmentof Psychology, Chinese PLA General Hospital, Beijing, China.

3

Departmentof Rheumatology, Chinese PLA General Hospital, No.28, FuXing Road, Beijing,100853, China. fhuang@301hospital.com.cn.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-10-22 22:46 | FMの疫学

線維筋痛症の妊婦や胎児に対する影響

方法:1999年から 2013年までのthe HealthcareCost and Utilization Project Nationwide Inpatient Sample を用いて、この期間に出産した女性により、人口に基づいた後ろ向きコホート研究を行った. ロジスティック回帰を用いて、FMであるおよびそうではない妊婦における母親と新生児の結果を比較した。結果:15年間の研究期間の12 584 918人の出産のうち, 7758 (0.06%)FM女性であり、研究期間にその率は増加。FM女性の方が、高齢、過体重又は肥満、アルコール摂取、喫煙、違法薬物使用の頻度が高い。FM女性の方が不安、抑うつ、及び双極性障害を経験しやすい。FM女性は妊娠糖尿帝王切開 (オッズ比(OR): 1.11,95% CI: 1.05-1.16)および静脈血栓塞栓症によって悪化した出産(OR: 2.34, 95% CI: 1.91-2.86)になりやすい. FM女性の乳児は早産児 (OR: 1.35, 95% CI:1.25-1.46) および子宮内胎児発育遅延(OR: 1.48, 95% CI:1.30-1.68)にりやすい.まとめ:妊娠におけるFMの有病率はUSで増加している. FMは、母親と新生児の悪い結果と関連する危険性の高い妊娠状態である。

J MaternFetal Neonatal Med. 2017 Sep 27:1-7. doi: 10.1080/14767058.2017.1381684.[Epub ahead of print]

Maternal and neonatal outcomes among pregnantwomen with fibromyalgia: a population-based studyof 12 million births.

MagtanongGG1, Spence AR2, Czuzoj-ShulmanN2, AbenhaimHA1,2.

1

a Departmentof Obstetrics and Gynecology , Jewish General Hospital, McGill University ,Montreal , QC , Canada.

2

b Centre forClinical Epidemiology and Community Studies , Jewish General Hospital ,Montreal , QC , Canada.

haim.abenhaim@gmail.com



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-10-03 12:29 | FMの疫学

慢性緊張型頭痛には線維筋痛症が合併しやすいが、片頭痛患者ではさらに線維筋痛症を合併しやすい

方法:4つの大学病院の神経科外来クリニックで初診の 136 人の慢性片頭痛(chronic migraineCM)患者および35人の慢性緊張型頭痛(chronic tension-typeheadacheCTTH)患者を選び、横断研究を行った. the 2010 AmericanCollege of Rheumatology診断基準でFMを評価した。 結果:FMの頻度はCM患者の方がCTTH患者よりも有意に高かった (91/136[66.9%] vs 9/35 [25.7%], P < .001). ロジスティック回帰解析によると、年齢、性別、不安、抑うつおよび不眠で補正すると、CM患者はCTTH患者に比べるとFMであるオッズ比(OR)が増加(OR = 3.6, 95%信頼区間 = 1.1-11.4). さらにCMを合併したFM患者はCTTHを合併したFM患者に比べるとFMImpact Questionnaireの点数が高かった(51.5 ± 16.3 vs 43.7 ± 18.7, P = .015). CMを合併した患者の間では、FMの並存症は、羞明、不安、抑うつ、および不眠の増加と関連. そのような関連はCTTH患者では見られなかった。

Headache. 2017 Sep22. doi: 10.1111/head.13191. [Epub ahead of print]

Fibromyalgia AmongPatients With Chronic Migraine and Chronic Tension-Type Headache: A MulticenterProspective Cross-Sectional Study.

Cho SJ1, Sohn JH2, Bae JS3, Chu MK4.

1

Departmentof Neurology, Dongtan Sacred Heart Hospital, Hallym University College ofMedicine, Hwaseong, South Korea.

2

Departmentof Neurology, Chuncheon Sacred Heart Hospital, Hallym University College ofMedicine, Chuncheon, South Korea.

3

Departmentof Neurology, Gangdong Sacred Heart Hospital, Hallym University College ofMedicine, Seoul, South Korea.

4

Departmentof Neurology, Gangnam Sacred Heart Hospital, Hallym University College ofMedicine, Seoul, South Korea.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-09-27 22:58 | FMの疫学

系統的総説とメタ解析によると慢性広範痛症の有病率は約10%


一般人口における
CWPの有病率の系統的総説(1990-2017). メタ解析によりCWPの有病率を調べ, メタ回帰により研究人口のデータおよび文脈上の要因を評価した. 39の論文が含める基準に合致. CWPの有病率の研究は 1.4% から24.0%であり,男性のCWPの有病率は0.8%から 15.3% であり、女性では1.7%から 22.1%. 推定した全般的なCWPの有病率は9.6%(8.0-11.2%). メタ回帰解析によると、性別、国連の国開発状態、および 人間性開発指数(human development indexHDI)(平均余命、教育および所得指数の複合指数)はCWPの有病率に影響したがwhile 調査方法、地域、方法論的および報告の質、および不平等はCWPの推定に有意な影響を及ぼさなかった. 全般的にはCWPは全人口の10人に1人が罹患しており、女性の方が男性よりもCWPになりやすい.HDI CWPの有病率に関連した社会経済的な要因であり, 先進国は発展途上国よりもCWPの有病率が低い。CWPの推定の大部分は先進国から報告されておりCWPの地球規模の推定を明確にするためには社会経済的に低い国のCWPの推定が必要.

Eur J Pain. 2017 Aug 17. doi:10.1002/ejp.1090. [Epub ahead of print]

Chronic widespreadpain prevalence in the general population: Asystematic review.

Andrews P1, SteultjensM1, RiskowskiJ1.

1

Institutefor Allied Health Research, Glasgow Caledonian University, UK.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-08-21 22:50 | FMの疫学

慢性広範痛症患者は死亡しやすい


方法:40-69歳の50万人のコホート研究であるUK Biobank2006-2010年にGreat Britain全体から人を集めた。全身に3か月を超える痛みを報告した参加者を慢性痛のない人と比較。死亡の情報(原因とともに)は2015年中版まで利用可能。過剰な危険性の統合された推定を計算するために、メタ解析内のこれらの結果とその他の出版された報告を包括した。結果:7130人の参加者はCWPを報告し過剰な死亡率を経験(死亡率の危険比2.43, 95%CI2.17 to 2.72).過剰な特異的な死亡の原因は癌 (1.73adjusted ageand sex,95% CI 1.46 to 2.05), 心血管疾患(3.24adjusted ageand sex,95% CI 2.55 to 4.11), 呼吸器疾患(5.66adjusted ageand sex,95% CI 4.00 to 8.03)およびその他の疾患関連の原因 (4.04adjusted ageand sex,95% CI 3.05 to 5.34). 身体活動が低いこと、高いBMI、質の悪い食事と喫煙で補正すると過剰な危険性はかなり減弱。メタ解析では、すべての研究は全原因(統合した推定1.59 (95% CI 1.05 to 2.42)), 心血管疾患と癌による死亡率は有意に過剰。まとめ:エビデンスによると、CWPの人は過剰な死亡率であることは明白。

Ann Rheum Dis. 2017 Jul21. pii: annrheumdis-2017-211476. doi: 10.1136/annrheumdis-2017-211476. [Epubahead of print]

Persons with chronic widespreadpain experience excess mortality: longitudinalresults from UK Biobank and meta-analysis.

MacfarlaneGJ1,2, BarnishMS1,2, Jones GT1,2.

1

EpidemiologyGroup, School of Medicine, Medical Sciences and Nutrition, University ofAberdeen, Aberdeen, UK.

2

AberdeenCentre for Arthritis and Musculoskeletal Health University of Aberdeen,Aberdeen, UK.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-07-30 16:01 | FMの疫学

内臓痛は線維筋痛症を引き起こす

この前向き研究は、併存患者において、内臓痛をFMS pain/hyperalgesiaの可能性のある引き金要因として評価。a) FMS+irritable bowel syndrome (IBS); b) FMS+一次性月経困難症(primary dysmenorrheaDys); c) FMS+子宮内膜症に続発する月経困難症(dysmenorrhea secondary to endometriosisEndo); d) FMS+結腸憩室症(colondiverticulosisDiv)の女性をFMSのみの女性の間で、同等の期間のFMの痛み (エピソードの数/強度、鎮痛薬の消費量) および身体の痛覚過敏(電気/圧迫疼痛閾値)痛い部位 (圧痛点TenderPoints, TePs) および対照領域 (僧帽筋、三角筋、大腿四頭筋および覆っている皮下組織と皮膚)の身体の痛覚過敏(電気/圧迫疼痛閾値)に関して比較した。併存のサブグループにおいて、FMS 症状を内臓疾患の治療後又は無治療で再評価。FMSのみと比べると全合併群は、FMSの痛み (エピソードの数/強度、鎮痛薬の消費量) およびすべての部位での深部内臓組織の痛覚過敏 (皮下組織と筋肉)(0.05<P<0.0001)が有意に高かった。内臓痛(IBSの日数, 有痛性の月経周期, 憩室炎による腹痛のエピソード) FMSの痛みのすべての指標と正比例しすべての部位の筋肉痛の閾値と逆相関 (0.03<P<0.0001)FMSの痛みとすべての組織とすべての部位の痛覚過敏は内臓合併症の治療後には有意に低下[6 か月の食事療法(IBS), 6か月のホルモン治療(月経困難症), レーザー治療(子宮内膜症),手術(憩室炎)](0.05<P<0.0001)、一方無治療の患者では変化せず。内臓痛はFMS症状を悪化させ,症候群のcentralsensitizationのレベルを恐らく強くする。内臓痛合併症の系統的な評価と治療はFMS対処の一部にすべきである。

Pain. 2017 Jul 3. doi:10.1097/j.pain.0000000000000992. [Epub ahead ofprint]

Visceral pain asa triggering factor for fibromyalgia symptoms incomorbid patients.

CostantiniR1, AffaitatiG,WesselmannU,CzakanskiP,GiamberardinoMA.

1

1Instituteof Surgical Pathology, "G D'Annunzio" University of Chieti, Italy2Fibromyalgia Center, Department of Medicine and Science of Aging, "GD'Annunzio" University of Chieti and Center of Sciences of Aging andTranslational Medicine, CeSI-MeT, Chieti, Italy; 3University of Alabama atBirmingham, Departments of Anesthesiology and Perioperative Medicine (Divisionof Pain Medicine) and Neurology, Birmingham, AL,USA 4University of Alabama at Birmingham, Departments of Anesthesiology andPerioperative Medicine (Division of PainMedicine) and Obstetrics & Gynecology, Birmingham, AL, USA.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-07-09 15:30 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line