カテゴリ:その他( 60 )


HPVワクチン接種症候群は臨床的幻想か、新たな悲劇的な線維筋痛症モデルか。

独立した調査者がhumanpapillomavirus (HPV)予防接種直後に慢性有痛性自律神経障害の発生を記述. この症候群の真実は激しく議論されている。HPV予防接種後の症例の多くはFMの診断基準を満たす。この論文ではHPV 予防接種に関連した症候群の存在を支持する議論をする。FMの自律神経障害―神経障害モデルはHPV 予防接種後に始まった有痛性の慢性疾患の発生の診断および治療過程の手助けになることを提案. 一方、この真実が補強されれば、HPVワクチン症候群は新たな悲劇的なFMモデルになるかもしれない。

Reumatol Clin.2018 Mar 13. pii: S1699-258X(18)30035-4. doi: 10.1016/j.reuma.2018.01.014.[Epub ahead of print]

HPV vaccination syndrome: A clinical mirage, ora new tragic fibromyalgia model.

[Article in English, Spanish]

Martínez-Lavín M1.

1

Departamentode Reumatología, Instituto Nacional de Cardiología Ignacio Chávez, Ciudad deMéxico, México. Electronic address: drmartinezlavin@gmail.com.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-22 23:08 | その他

名古屋スタディでは子宮頸がんワクチンの危険性を描出できない

名古屋スタディでは子宮頸がんワクチンの危険性を描出できない

子宮頸がんワクチンに関する名古屋スタディが報告された。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2405852117300708

1:健康状態の良い人がワクチンを接種する頻度が増え、健康状態が悪い人は接種する頻度が減る。論文の結果にもそれが垣間見えている。この論文はそれを補正していない。
 ワクチン接種群と非接種群で有病率を比較している。ワクチン接種群の患者はワクチン接種前の症状のある患者(有病率に近い)とワクチン接種後に新規発生した患者(発病率)の合計であり、それを非接種群における症状のある患者(有病率に近い)と比較している。そのためワクチン接種群における症状のある患者数は非接種群における症状のある患者数と同程度かやや多くなるはずである。しかし、table3(年齢補正している)では24の症状のうち10の症状でワクチン接種群の方が患者数が少ないという異常事態。これは健康状態で補正をしていないため、健康状態の良い人がワクチンを接種する頻度が増え、健康状態が悪い人は接種する頻度が減ることを意味している。これではワクチン接種群における症状のある患者数が少なめにあらわされてしまう不公平な研究である。

2:子宮頸がんワクチンの問題点は接種者の2割に発熱が起こるという類ではない。ワクチン接種群の患者はワクチン接種前の症状のある患者(有病率に近い)とワクチン接種後に新規発生した患者(発病率)の合計である。名古屋スタディは発病率が有病率の10%以下の症状を検出することはできないと推定している。ワクチン接種者では恐らく0.1%以下に激烈な症状(就学不能になるほどの記憶障害等)が起こる。そのためワクチン接種者と非接種者で副作用の頻度を比較しても、子宮頸がんワクチンの問題点を示すことはできない。ごくまれな症状を示すことはできないと著者自身が論文中で述べている。

3:2とも関連するが症状の重篤度が無視されている。例えば記憶障害という症状でも、軽度の記憶障害と、就学不能の重度の記憶障害を区別していない。

 子宮頸がんワクチンの問題点はごくまれに就学不能な激烈な副作用がでること。名古屋スタディの方法では子宮頸がんワクチンの問題点を示すことはできない。

 日本国政府は子宮頸がんワクチンとごくまれにおこる就学不能な激烈な副作用の因果関係を認め国家賠償をすべきと私は考えている。現時点では国家賠償は全くないとは言わないが、きわめて不十分な賠償と言わざるを得ない。因果関係を認めた上で、国家賠償を行った後に、国民に子宮頸がんワクチンの長所(子宮への一部のウイルス感染の確率を減らすという事実から子宮頸がんが減ると推測される。ただし現時点では子宮頸がんが減るというデータはない)と短所(ごくまれに就学不能の激烈な副作用が出る)の両方を開示して、それを受けるかどうかを各個人に任せればよいと思う。
 米国では子宮頸癌ワクチンの被害者49人に約600万ドルが支払われた。
https://www.washingtontimes.com/news/2014/dec/31/us-court-pays-6-million-gardasil-victims/?utm_campaign=shareaholic&utm_medium=twitter&utm_source=socialnetwork




[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-02 12:29 | その他

転倒の危険性が増える薬:系統的総説とメタ解析

転倒の危険性が増える薬:系統的総説とメタ解析:Ⅲその他の薬。結果:定性的解析で、281の研究を含めた。補正したデータを用いたメタ解析の結果は以下の通り(統合したOR[95%信頼区間]):鎮痛薬,1.42 (0.91-2.23); NSAIDs, 1.09 (0.96-1.23); opioids, 1.60 (1.35-1.91);抗パーキンソン病薬,1.54 (0.99-2.39); 抗痙攣薬, 1.55 (1.25-1.92); および多剤併用,1.75 (1.27-2.41). メタ解析の大部分は人口や大部分の症例で階層化後にも消えないかなりの異質性になる。記述解析では,長期間のPPI使用とオピオイド開始は一貫して転倒と関連がある。便秘薬は転倒と一貫性のない一致(7/20の研究が陽性の関連).

J Am Med Dir Assoc. 2018Feb 2. pii: S1525-8610(17)30785-5. doi: 10.1016/j.jamda.2017.12.099. [Epubahead of print]

Fall-Risk-IncreasingDrugs: A Systematic Review and Meta-analysis: III. Others.

Seppala LJ1,van de Glind EMM1,Daams JG2,Ploegmakers KJ1,de Vries M1,Wermelink AMAT1,van der Velde N3;EUGMS Task and Finish Group on Fall-Risk-Increasing Drugs.

Collaborators (21)

Blain H, Bousquet J, Bucht G, Caballero-Mora MA, van der Cammen T, Eklund P, Emmelot-Vonk M, Gustafson Y, Hartikainen S, Kenny RA, Laflamme L, Landi F, Masud T, O'Byrne-Maguire I, Petrovic M, Rodriguez L, Seppälä L, Svensson O, Szczerbińska K, Thaler H, van der Velde N.

1

Departmentof Internal Medicine, Section of Geriatric Medicine, Academic Medical Center,University of Amsterdam, Amsterdam, the Netherlands; Amsterdam Public HealthResearch Institute, Amsterdam, the Netherlands.

2

Medicallibrary, Academic Medical Center, Amsterdam, the Netherlands.

3

Departmentof Internal Medicine, Section of Geriatric Medicine, Academic Medical Center,University of Amsterdam, Amsterdam, the Netherlands; Amsterdam Public HealthResearch Institute, Amsterdam, the Netherlands. Electronic address:n.vandervelde@amc.uva.nl.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-02-13 22:18 | その他

PPIは冠動脈疾患の予防因子である血清ω-3 PUFA濃度を下げてしまう(PPIは冠動脈疾患の危険性を高めると推定される)

多発性の心血管危険因子のある又は冠動脈疾患(coronary artery disease CAD)の診断が確定した、中国人入院患者(n = 460)を選んだ。eicosapentaenoicacid (EPA)およびdocosahexaenoic acid (DHA)を含む血清ω-3 PUFAs濃度をliquid chromatography massspectrometryを用いて計測。冠動脈疾患(coronaryartery disease CAD)の患者はω-3 多価{たか}不飽和脂肪酸(polyunsaturated fatty acidPUFA)の血清濃度が、心血管の危険因子のある患者よりも低い。さらに、血清DHA濃度は交絡因子で補正後、CADの独立した予防因子 (OR: 0.52, p = 0.014). アルコール摂取(p = 0.036) anおよびPPI使用(p = 0.027)は血清ω-3PUFA濃度の低下と関連.

Sci Rep. 2018 Jan 18;8(1):1102.doi: 10.1038/s41598-018-19193-5.

Serum ω-3Polyunsaturated Fatty Acids and Potential Influence Factors in Elderly Patientswith Multiple Cardiovascular Risk Factors.

Liu W1,Xie X1,Liu M2,Zhang J1,Liang W1,Chen X1.

1

Departmentof Geriatrics, Peking University First Hospital, Beijing, 100034, China.

2

Departmentof Geriatrics, Peking University First Hospital, Beijing, 100034, China.liumeilin@hotmail.com.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-01-21 10:59 | その他

プラビックス、パナルジンなどの抗血小板薬にPPIを併用すると脳梗塞などを増加させる


チエノピリジンとはプラスグレル(商品名エフィエント)、チクロピジン(商品名パナルジン他)クロピドグレル(商品名プラビックス)の総称。開始から20177月までの、チエノピリジンPPIで治療した患者 versus チエノピリジンのみで治療した患者の以下の結果を報告した、無作為対照研究およびコホート兼空の系統的総説とメタ解析(1) 虚血性{きょけつ せい}脳梗塞, (2) 虚血性又は出血性脳梗塞の複合, (3) 脳梗塞、心筋梗塞(myocardial infarctionMI), 及び心血管死の複合の結果, (4) MI, (5) 全原因の死亡率, および(6) 重篤な又は軽微な出血の出来事. 危険比の補正した解析の後に,可能性のある交絡因子で補正したハザード比を報告した追加的な解析を行った。結果:131 714人の患者からなる 22 の研究(12の無作為対照研究と10のコホート研究)を同定. PPIチエノピリジンの併用使用は、虚血性{きょけつ せい}脳梗塞(risk ratio, 1.74; 95% 信頼区間[CI], 1.41-2.16; P<0.001), 複合した脳梗塞/MI/心血管死 (risk ratio, 1.14; 95% CI, 1.01-1.29; P=0.04),およびMI (riskratio, 1.19; 95% CI, 1.00-1.40; P=0.05) の危険性の増加と関連。同様に, PPIチエノピリジンの併用使用の補正した解析は再び脳梗塞(補正したハザード比, 1.30; 95% CI, 1.04-1.61; P=0.02), 複合した脳梗塞/MI/心血管死(補正したハザード比, 1.23; 95% CI, 1.03-1.47; P=0.02)の危険性の増加と関連したが, MI (補正したハザード比, 1.19; 95% CI, 0.93-1.52; P=0.16)とは関連せず.

Stroke.2018 Jan 16. pii: STROKEAHA.117.019166. doi: 10.1161/STROKEAHA.117.019166.[Epub ahead of print]

Cerebrovascular Outcomes With Proton PumpInhibitors and Thienopyridines: A Systematic Review and Meta-Analysis.

Malhotra K1, Katsanos AH2, Bilal M2, Ishfaq MF2, Goyal N2, Tsivgoulis G2.

1

From the Department ofNeurology, West Virginia University-Charleston Division (K.M.); SecondDepartment of Neurology, National and Kapodistrian University of Athens,"Attikon" University Hospital, Greece (A.H.K., G.T.); Department ofNeurology, University of Ioannina School of Medicine, Greece (A.H.K.);Department of Gastroenterology & Hepatology, University of Texas MedicalBranch, Galveston (M.B.); and Department of Neurology, University of TennesseeHealth Science Center, Memphis (M.F.I., N.G., G.T.). konark.malhotra@yahoo.com.

2

From the Department ofNeurology, West Virginia University-Charleston Division (K.M.); SecondDepartment of Neurology, National and Kapodistrian University of Athens,"Attikon" University Hospital, Greece (A.H.K., G.T.); Department ofNeurology, University of Ioannina School of Medicine, Greece (A.H.K.);Department of Gastroenterology & Hepatology, University of Texas MedicalBranch, Galveston (M.B.); and Department of Neurology, University of TennesseeHealth Science Center, Memphis (M.F.I., N.G., G.T.).



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-01-18 21:28 | その他

妊娠中の酸抑制薬は子供の喘息の危険因子

妊娠中の酸抑制薬と子供時代の喘息の危険性のメタ解析。556の論文を選別し、8つの人口に基づいた研究を最終的に解析。全ての研究を統合すると、妊娠中の酸抑制薬の使用は子供時代の喘息の危険性を増加させる(relative risk [RR] = 1.45; 95%信頼区間 [CI] 1.35-1.56; I2= 0%; P < .00001). 子供時代の喘息の全般的な危険性はPPI使用者(RR = 1.34; 95% CI 1.18-1.52; I2= 46%; P < .00001)および histamine-2 receptor 阻害薬使用者(RR= 1.57; 95% CI 1.46-1.69; I2= 0%; P < .00001)で増加.

Pediatrics. 2018 Jan 11. pii:e20170889. doi: 10.1542/peds.2017-0889. [Epub ahead of print]

Acid-Suppressive DrugUse During Pregnancy and the Risk of Childhood Asthma: A Meta-analysis.

Lai T1,2,Wu M1,Liu J1,3,Luo M1,He L1,Wang X1,Wu B2,Ying S1,Chen Z1,Li W1,Shen H4,5.

1

Departmentof Respiratory and Critical Care Medicine, Second Affiliated Hospital,Institute of Respiratory Diseases, School of Medicine, Zhejiang University,Zhejiang Sheng, China.

2

Departmentof Respiratory and Critical Care Medicine, Institute of Respiratory Diseases,The Affiliated Hospital of Guangdong Medical University, Guangdong Sheng,China.

3

Instituteof Lung Biology and Disease, Helmholtz Zentrum München, German Center for LungResearch, Oberschleißheim, Germany; and.

4

Departmentof Respiratory and Critical Care Medicine, Second Affiliated Hospital,Institute of Respiratory Diseases, School of Medicine, Zhejiang University,Zhejiang Sheng, China; huahaoshen@zju.edu.cn.

5

StateKey Laboratory of Respiratory Diseases, Guangzhou Medical University,Guangzhou, China.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-01-15 20:48 | その他

大きな手術における手術前後のリリカの使用は、急性術後痛の低下をもたらさない:系統的総説


大きな手術において、術後痛を減らすために、手術前後のプレガバリン使用は有効か。77の無作為対照研究を含む21の系統的総説を同定。大きな手術における手術前後のpregabalinの使用は、急性術後痛において臨床的に重要な低下を恐らくもたらさないことを我々は結論。それは、吐き気、術後嘔吐およびオピオイドの必要量を減らすかもしれないが、鎮静を増加させる。

Medwave. 2017 Dec27;17(9):e7115. doi: 10.5867/medwave.2017.09.7115.

Is perioperative pregabalineffective for reducing postoperative pain in major surgery?

[Article in English, Spanish; Abstractavailable in Spanish from the publisher]

CanihuanteJ1, Molina I1, AltermattF2.

1

Facultad deMedicina, Pontificia Universidad Católica de Chile, Santiago, Chile; ProyectoEpistemonikos, Santiago, Chile.

2

ProyectoEpistemonikos, Santiago, Chile; Departamento de Anestesiología, Facultad deMedicina, Pontificia Universidad Católica de Chile, Santiago, Chile. Email:fernando.altermatt@gmail.com. Address: Centro Evidencia Uc, PontificiaUniversidad Católica de Chile, Centro de Innovación UC Anacleto Angelini, Avda.Vicuña Mackenna 4860, Macul, Santiago, Chile.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-12-31 17:32 | その他

プロトンポンプ阻害薬はClostridium difficile 感染症を増加させる:100万人以上の患者での多施設、後ろ向きコホート研究


150
USの病院の100万人以上の患者での多施設、後ろ向きコホート研究によると、第三および第四世代のcephalosporins,carbapenems, およびpiperacillin/tazobactamと同様に、PPIは病院発症のClostridiumdifficile 感染症を持つ患者のオッズを増加させた。これらの所見は、 酸抑制治療および高い危険性のある抗生物質の適切な使用を支持する。

Clin Infect Dis. 2017Dec 20. doi: 10.1093/cid/cix1112. [Epub ahead of print]

Evaluating the riskfactors for hospital-onset Clostridium difficile infections in a largehealthcare system.

Watson T1,Hickok J1,Fraker S1,Korwek K1,Poland RE1,Septimus E1.

1

HospitalCorporation of America (HCA).



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-12-24 00:18 | その他

PPIと心血管イベントの系統的総説

PPIと心血管イベントの系統的総説。19901月から201610月までの英語で書かれたすべてのタイプの論文の系統的総説。結果:37の研究を考慮し、そのうち5つは直接、PPI使用の死亡率and/or心血管合併症への影響を直接比較(死亡率datasets内の22,427人の患者,および合併症datasets内の354,446人の患者を含む).PPIsを摂取する患者では,全ての原因の死亡率(OR1.68 [95% CI 1.53-1.84], p<0.001)および重篤な心血管イベントの割合 (OR1.54 [95% CI 1.11-2.13], p=0.01)が有意に高い.

Heart Lung Circ.2017 Nov 20. pii: S1443-9506(17)31467-1. doi: 10.1016/j.hlc.2017.10.020. [Epubahead of print]

Proton Pump Inhibitors and Cardiovascular Events: ASystematic Review.

Shiraev TP1,Bullen A2.

1

Departmentof Vascular Surgery, St George Hospital, Kogarah, NSW, Australia. Electronicaddress: timothy.shiraev1@my.nd.edu.au.

2

Departmentof Vascular Surgery, St George Hospital, Kogarah, NSW, Australia.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-12-17 11:34 | その他

PPI中止後の胃酸過剰分泌のリバウンド:叙述的総説

PPI中断後の胃酸過剰分泌のリバウンドの叙述的総説。結果:同定された131の出版の中で、10を選択した。研究のデザインには異質性が大変高い。5つの研究ではリバウンド効果があった。4週間未満の治療期間の研究ではリバウンドを示さず。Helicobacterpylori のコロニー形成はリバウンドの発生を隠す。まとめ。4週間を超える毎日のPPI使用は、中断後約15日間の酸過剰分泌を引き起こしやすく、使用期間に応じて数日から数週間継続する。

Therapie. 2017 Oct 26. pii:S0040-5957(17)30159-2. doi: 10.1016/j.therap.2017.08.005. [Epub ahead of print]

[Gastric acid reboundafter a proton pump inhibitor: Narrative reviewof literature].

[Article in French]

Rochoy M1,Dubois S2,Glantenet R2,Gautier S3,Lambert M2.

1

Centred'infection et d'immunité de Lille, institut Pasteur de Lille, 1, rue duPr-Calmette, BP 245, 59019 Lille, France; Centre régional de pharmacovigilance,faculté de médecine, 59045 Lille cedex, France. Electronic address:michael.rochoy@gmail.com.

2

Centred'infection et d'immunité de Lille, institut Pasteur de Lille, 1, rue duPr-Calmette, BP 245, 59019 Lille, France.

3

Centrerégional de pharmacovigilance, faculté de médecine, 59045 Lille cedex, France.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-12-08 12:29 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line