人気ブログランキング |

カテゴリ:その他( 70 )


新幹線内での喫煙禁止要望へのJR西日本の回答

戸田 克広 様

いつもJR西日本をご利用いただきまして、ありがとうございます。
また、回答が遅くなりましたことをお詫びいたします。
お客様からいただきました貴重なご意見に対し、回答させていただきます。

新幹線のご利用において、ご不快な思いをおかけいたしまして、申し訳ございません。

弊社では、健康増進法に基づく受動喫煙防止に取り組んでおり、
N700系の喫煙ルームには強制排煙装置、光触媒脱臭装置、
またはタッチ式自動ドアを整備することで、さらなる分煙化を進めております。 

また、必ずしも全面禁煙を望む声ばかりではないと認識しており、
現在のところ喫煙ルームを撤去する計画はございませんが、
このたび戸田様よりいただきました貴重なご意見を参考にさせていただきます。

今後もハード・ソフト両面からさらに取り組みを進めてまいりますので、
何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

このたびは、貴重なご意見をお寄せいただきまして、ありがとうございました。

今後ともJR西日本をご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

西日本旅客鉄道株式会社
CS推進部 JR西日本お客様センター


【お客様からのお問い合わせ】
私は医師をしています。元整形外科医ですが現在は痛みの治療を専門にしています。私の名前を調べればすぐにわかります。
 新幹線内での喫煙を禁止していただけないでしょうか。飛行機、在来線の特急(すべての列車かどうかはわかりませんが)もトイレを含めた完全禁煙です。喫煙ルームで喫煙直後の者が隣に座ると、その者から飛散する汚染物質で頭痛がします。間接受動喫煙です。喫煙の権利というのであれば、なぜ在来線の特急は完全禁煙なのでしょうか。
 大阪、兵庫から多数の患者さんが受診されます。東京からも2人受診されます。慢性痛の人は間接受動喫煙で痛みが悪化します。慢性痛の人はしばしば化学物質過敏症を合併していることがあるのですが、化学物質過敏症患者にとって受動喫煙は危険です。ひどい時には入院になります。私は健康なため避難が可能ですが、慢性痛の人はぐったりしている人が多く、席を移動して汚染源から非難することが困難です。車両は世界に誇る新幹線ですが、運用の点で問題があると思います。


by fibromyalgia11 | 2019-05-19 10:29 | その他

PPIは結核の危険因子

方法:the National Health InsuranceService-National Sample Cohort (NHIS-NSC) データベース(2002-2013)を用いて新たに結核と診断された25 672人で症例対照研究. 年齢、性別、暦年、保険のタイプ、収入レベルをマッチさせた結核ではない対照群を1:1の割合で抽出。暦年の前2年間でPPI に暴露された人を、非使用者、持続使用者、最近の使用者、以前の使用者に分類。結果: 51 344 人の症例と対照を解析。最近のPPI 使用(adjusted odds ratio [aOR], 1.28; 95% CI, 1.18-1.39) および持続的なPPI使用 (aOR, 1.13; 95% CI 1.10-1.28)は、PPIs非使用者に比べると結核の発症に有意に関連。非使用者に比べて、以前の使用者では結核の増加は見られず(aOR 1.05, 95% CI 0.95-1.17). {Song, 2019 #9817}

PharmacoepidemiolDrug Saf. 2019 Mar28. doi: 10.1002/pds.4773. [Epub ahead of print]

The association between protonpumpinhibitor use and the risk of tuberculosis: A case-control study.

Song HJ1,2, Park H2, Park S3, Kwon JW3.

1

School of Pharmacy, Sungkyunkwan University, Suwon, South Korea.

2

College of Pharmacy, University of Florida, Gainesville, FL, USA.

3

College of Pharmacy and Research Institute of PharmaceuticalSciences, Kyungpook National University, Daegu, South Korea.




by fibromyalgia11 | 2019-03-31 11:11 | その他

ワクチンを受けた者がインフルエンザに罹患すると、ワクチンを受けていない者がインフルエンザに罹患した場合の6.3倍のインフルエンザウイルス量が呼気から検出される。

ワクチンを受けた者がインフルエンザに罹患すると、ワクチンを受けていない者がインフルエンザに罹患した場合の6.3倍のインフルエンザウイルス量が呼気から検出される。

ワクチンによりインフルエンザに罹患する確率が1/6以下になれば全体としては有用ですが、そこまでの効果があるかどうかは不明です。いずれにせよインフルエンザワクチンには不都合な論文。

Proc Natl Acad Sci U S A. 2018 Jan30;115(5):1081-1086. doi: 10.1073/pnas.1716561115. Epub 2018 Jan 18.

Infectious virus in exhaled breathof symptomatic seasonal influenza cases from a college community.

Yan J1,2, Grantham M1, Pantelic J1, Bueno de Mesquita PJ1, Albert B1, Liu F1, Ehrman S2, Milton DK3; EMIT Consortium.




by fibromyalgia11 | 2019-01-21 23:27 | その他

ワクチンを受けた者がインフルエンザに罹患すると、ワクチンを受けていない者がインフルエンザに罹患した場合の6.3倍のインフルエンザウイルス量が呼気から検出される。

ワクチンを受けた者がインフルエンザに罹患すると、ワクチンを受けていない者がインフルエンザに罹患した場合の6.3倍のインフルエンザウイルス量が呼気から検出される。

ワクチンによりインフルエンザに罹患する確率が1/6以下になれば全体としては有用ですが、そこまでの効果があるかどうかは不明です。いずれにせよインフルエンザワクチンには不都合な論文。

Proc Natl Acad Sci U S A. 2018 Jan30;115(5):1081-1086. doi: 10.1073/pnas.1716561115. Epub 2018 Jan 18.

Infectious virus in exhaled breathof symptomatic seasonal influenza cases from a college community.

Yan J1,2, Grantham M1, Pantelic J1, Bueno de Mesquita PJ1, Albert B1, Liu F1, Ehrman S2, Milton DK3; EMIT Consortium.




by fibromyalgia11 | 2019-01-21 23:26 | その他

プロトンポンプ阻害薬は心血管イベントを増加させる

イタリアの一般人口におけるPPI使用による虚血性イベントの危険性。症例対照研究。脳血管イベントの危険性は現在(OR 1.61; 95%CI 1.55-1.68) および最近の使用者(OR 1.15; 95%CI 1.06-1.26)では過去の使用者に比べると有意に高い 。心血管イベント(ORcurrent 1.71;95%CI 1.63-1.81)および脳血管イベント(ORcurrent1.43; 95%CI 1.34-1.54)で階層化しても同様の結果. 抗血栓薬とスタチン使用、又は暴露期間のサブグループでも危険性増加.同様の解析ではH2-antagonists使用では有意な結果にはならず.

Atherosclerosis. 2018Aug 27;277:123-129. doi: 10.1016/j.atherosclerosis.2018.08.035. [Epub ahead ofprint]

Use of proton pump inhibitors and risk of ischemic events inthe general population.

Casula M1,Scotti L2,Galimberti F3,Mozzanica F3,Tragni E3,Corrao G2,Catapano AL4.

1

Epidemiologyand Preventive Pharmacology Centre (SEFAP), Department of Pharmacological andBiomolecular Sciences, University of Milan, Via Balzaretti 9, 20133, Milan,Italy. Electronic address: manuela.casula@unimi.it.

2

Departmentof Statistics and Quantitative Methods, Division of Biostatistics, Epidemiologyand Public Health, University of Milano-Bicocca, Via Bicocca degli Arcimboldi8, 20126, Milan, Italy.

3

Epidemiologyand Preventive Pharmacology Centre (SEFAP), Department of Pharmacological andBiomolecular Sciences, University of Milan, Via Balzaretti 9, 20133, Milan,Italy.

4

Epidemiologyand Preventive Pharmacology Centre (SEFAP), Department of Pharmacological andBiomolecular Sciences, University of Milan, Via Balzaretti 9, 20133, Milan,Italy; IRCCS MultiMedica, Via Milanese 300, 20099, Sesto S. Giovanni (MI),Italy.




by fibromyalgia11 | 2018-09-18 19:44 | その他

プロトンポンプ阻害薬はすい臓がんを増加させる

韓国の12年間の人口に基づいた縦断研究(2002-2013)2,920,000人―年の間に3,086例のすい臓がん。すい臓がんの危険性が高い患者では1日服用量(DefinedDaily DoseDDD)60倍を超える PPI使用者は非使用者に比べるとすい臓がん危険性が高い(HR, 1.34;95% CI, 1.04-1.72). サブグループ解析によると、女性、健康な生活スタイルの習慣がある人、糖尿病や慢性膵炎の既往がないなどの危険性が低い人でもPPI使用とすい臓がんには有意な関連が存在。

PLoS One. 2018 Sep12;13(9):e0203918. doi: 10.1371/journal.pone.0203918. eCollection 2018.

Association between proton pump inhibitor use and the risk of pancreaticcancer: A Korean nationwide cohort study.

Hwang IC1,Chang J2,Park SM2,3.

1

Departmentof Family Medicine, Gil Medical Center, Gachon University College of Medicine,Incheon, Republic of Korea.

2

Departmentof Biomedical Sciences, Seoul National University Graduate School, Seoul,Republic of Korea.

3

Departmentof Family Medicine, Seoul National University College of Medicine, Seoul,Republic of Korea.



by fibromyalgia11 | 2018-09-18 19:42 | その他

プロトンポンプ阻害薬は中枢神経系の感染を引き起こしやすい

大規模な後ろ向きコホート研究。PPI使用者は非使用者よりも中枢神経系の感染の発生が2.23(95%CI = 1.273.94)高い。高血圧とCharlson comorbidity index (CCI)= 1の群 (各々aHR= 3.80, 95% CI = 1.4010.32;aHR = 2.47, 95% CI = 1.075.70in the PPI)ではPPI使用者は非使用者よりも中枢神経系の感染の危険性が高い.

J Clin Med.2018 Aug 31;7(9). pii: E252. doi: 10.3390/jcm7090252.

Association between Proton Pump Inhibitor Use and CNS Infection Risk: ARetrospective Cohort Study.

Hung WT1,2,3,Teng YH4,5,Yang SF6,7,Yeh HW8,Yeh YT9,10,11,Wang YH12,Chou MY13,14,Chou MC15,Chan CH16,17,Yeh CB18,19.

1

Instituteof Medicine, Chung Shan Medical University, Taichung 40201, Taiwan.cshy029@csh.org.tw.

2

Schoolof Medicine, Chung Shan Medical University, Taichung 40201, Taiwan.cshy029@csh.org.tw.

3

Departmentof Anesthesiology, Chung Shan Medical University Hospital, Taichung 40201,Taiwan. cshy029@csh.org.tw.

4

Departmentof Emergency Medicine, School of Medicine, Chung Shan Medical University,Taichung 40201, Taiwan. cshy392@csh.org.tw.

5

Departmentof Emergency Medicine, Chung Shan Medical University Hospital, Taichung 40201,Taiwan. cshy392@csh.org.tw.

6

Instituteof Medicine, Chung Shan Medical University, Taichung 40201, Taiwan.ysf@csmu.edu.tw.

7

Departmentof Medical Research, Chung Shan Medical University Hospital, Taichung 40201,Taiwan. ysf@csmu.edu.tw.

8

Schoolof Medicine, Chang Gung University, Taoyuan City 33302, Taiwan.george66889@gmail.com.

9

GraduateSchool of Dentistry, Chung Shan Medical University, Taichung 40201, Taiwan.yehtungtung@hotmail.com.

10

Schoolof Dentistry, Chung Shan Medical University, Taichung 40201, Taiwan.yehtungtung@hotmail.com.

11

Departmentof Dentistry, Chung Shan Medical University Hospital, Taichung 40201, Taiwan.yehtungtung@hotmail.com.

12

Departmentof Medical Research, Chung Shan Medical University Hospital, Taichung 40201,Taiwan. cshe731@csh.org.tw.

13

Schoolof Dentistry, Chung Shan Medical University, Taichung 40201, Taiwan.myc@csmu.edu.tw.

14

Departmentof Dentistry, Chung Shan Medical University Hospital, Taichung 40201, Taiwan.myc@csmu.edu.tw.

15

Instituteof Medicine, Chung Shan Medical University, Taichung 40201, Taiwan.mcchou@gmail.com.

16

Departmentof Medical Research, Chung Shan Medical University Hospital, Taichung 40201,Taiwan. chiho@csmu.edu.tw.

17

Departmentof Microbiology and Immunology, Chung Shan Medical University, Taichung 40201,Taiwan. chiho@csmu.edu.tw.

18

Departmentof Emergency Medicine, School of Medicine, Chung Shan Medical University,Taichung 40201, Taiwan. sky5ff@gmail.com.

19

Departmentof Emergency Medicine, Chung Shan Medical University Hospital, Taichung 40201,Taiwan. sky5ff@gmail.com.




by fibromyalgia11 | 2018-09-18 19:36 | その他

PPIは結腸直腸新生物を見つけつる免疫学的便潜血検査法の正確性を減らす

PPI治療は、症状のある患者において、結腸直腸新生物(colorectal neoplasiaAN)を見つけつる免疫学的便潜血検査法(faecal immunochemical testFIT)の正確性を減らしてしまう(データあり)。

PLoS One. 2018 Aug 31;13(8):e0203359. doi:10.1371/journal.pone.0203359. eCollection 2018.

Proton pump inhibitors reduce the accuracy of faecal immunochemical test for detectingadvanced colorectal neoplasia in symptomatic patients.

Rodriguez-Alonso L1, Rodriguez-Moranta F1, Arajol C1, Gilabert P1, Serra K1, Martin A1, Ibáñez-Sanz G1,2, Moreno V2, Guardiola J1.

1

Department of Gastroenterology and Hepatology, UniversityHospital of Bellvitge-IDIBELL, Barcelona, Spain.

2

Catalan Institute of Oncology, Cancer Prevention andControl Programme, IDIBELL, Barcelona, Spain.




by fibromyalgia11 | 2018-09-03 23:47 | その他

プロトンポンプ阻害薬は股関節骨折を26%増加させる:系統的総説とメタ解析

PPI使用と股関節骨折の系統的総説とメタ解析。統合したリスク比は、PPI 使用と股関節骨折に有意な統計的な関連を示した(RR 1.26[95% CI 1.17-1.35], p < 0.00001). 研究デザインに基づく、サブグループ解析によると、PPI使用と股関節骨折の危険性には有意な関連がある(p < 0.0001).カルシウム補正とPPI 使用の期間で階層化しても股関節骨折の危険性は持続(p < 0.0001).

Rheumatol Int.2018 Aug 29. doi: 10.1007/s00296-018-4142-x. [Epub ahead of print]

Proton pump inhibitors' use and risk of hip fracture: asystematic review and meta-analysis.

Hussain S1,Siddiqui AN1,Habib A2,Hussain MS3,Najmi AK4.

1

Departmentof Pharmaceutical Medicine (Division of Pharmacology), School of PharmaceuticalEducation and Research, Jamia Hamdard, New Delhi, 110062, India.

2

Departmentof Medicine, Hamdard Institute of Medical Sciences and Research, Jamia Hamdard,New Delhi, India.

3

Departmentof Pharmacognosy, Faculty of Pharmacy, Misurata University, Misurata, Libya.

4

Departmentof Pharmacology, School of Pharmaceutical Education and Research, JamiaHamdard, New Delhi, 110062, India. aknajmi@jamiahamdard.ac.in.




by fibromyalgia11 | 2018-09-02 16:57 | その他

プロトンポンプ阻害薬は鉄欠乏を引き起こす

UK Clinical Practice ResearchDatalink (CRPD) databaseを用いて、PPIs使用と関連したIDの危険性を症例対照研究で調べた.方法:症例は2005年から2015年までに初めて鉄欠乏(irondeficiencyID)と診断された19歳以上の患者(n = 26,806). 症例において初めてIDと診断された日を the index datesと定義.各症例に対して,年齢、性別、およびgeneralpracticeをマッチさせた対照を1例選んだ.PPI 全使用者(PPI"full" userPFU) を、w index dateの前少なくとも1年間持続的にPPIsを使用する人と定義.限定的なPPI使用者(PPI"limited" usersPLU)を間欠的な PPI治療を受けた人と定義.PPI非使用者(PPInon-userPNU)indexdate以前にはPPIsを処方されていない人と定義.PNUと比較したPFUおよびPLUIDのオッズ比を、条件付きロジスティック回帰を用いて比較。 結果:症例の中で,2,960 例はPFU,6,607例はPLU 、そして17,239例はPNU.対照例の中で,1,091例はPFU, 5,058例はPLU そして20,657例はPNU.PNUに対する、PFUおよびPLUにおけるIDの補正したオッズ比は3.60(95%CI, [3.32 - 3.91]) および1.51 (95% CI, [1.44 - 1.58]). 用量―反応および時間―反応の陽性の関連があった。まとめ:慢性のPPI使用はIDの危険性を増加させる.

J Intern Med.2018 Aug 23. doi: 10.1111/joim.12826. [Epub ahead of print]

Use of proton pump inhibitor and risk of iron deficiency: apopulation-based case-control study.

Tran-Duy A1,2,Connell NJ1,3,Vanmolkot FH1,Souverein PC4,de Wit NJ5,Stehouwer CDA1,Hoes AW5,de Vries F6,de Boer A4.

1

Departmentof Internal Medicine, Maastricht University Medical Center, Maastricht, theNetherlands.

2

Centrefor Health Policy, Melbourne School of Population and GlobalHealth, University of MelbourneMelbourne, Australia.

3

Departmentof Human Biology, Faculty of Health, Medicine and Life Sciences, MaastrichtUniversity, Maastricht, the Netherlands.

4

Departmentof Pharmacoepidemiology, Clinical Pharmacology, Utrecht University, Utrecht,the Netherlands.

5

JuliusCenter for Health Sciences and Primary Care, University Medical Center Utrecht,Utrecht, the Netherlands.

6

CAPHRICare and Public Health Research Institute, Maastricht University MedicalCenter, Maastricht, the Netherlands.



by fibromyalgia11 | 2018-08-30 21:44 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line