カテゴリ:アセトアミノフェン、NSAID( 153 )


慢性腰痛症に対するトラムセットの効果


徐放性tramadol hydrochloride 75-mg/acetaminophen 650-mgの合剤(TA-ER)を慢性腰痛症に使用した有効性と安全性。方法:第三相の、二重盲検、偽薬対照、パラレル研究で以前のNSAIDs 又はcyclooxygenase-2-selective inhibitorsへの反応が不十分な中等度から強度の(≥4 cm on a 10-cmVAS) 慢性の(≥3 か月) 腰痛症患者を無作為に4週間TA-ER又は偽薬投与。一次的な効果の評価項目は治療開始から最終判定までに痛みの強さが30%以上低下した患者の割合。二次的な評価項目は生活の質(Korean Short Form-36),機能(Korean Oswestry Disability Index), 及び副作用。結果:痛みの強さが30%以上減少した患者の割合は、full analysis set およびthe per-protocol populationで、TA-ER群の方が偽薬群より有意に高い(P < 0.05)。偽薬に対するTA-ERの治療開始時からの痛みが軽減した成功率は8日目と15日目では有意に高かったが最終受診時にはそうではなかった。TA-ER群尾患者は偽薬群の患者に比べてthe Korean Short Form-36のrole-physical, 全般的な健康, および報告されたhealth transitionは有意に改善し、the Korean Oswestry Disability Indexのpersonal care sectionの機能の改善は有意に高かった。痛みのコントロールを「大変よい」と評価した患者はTA-ER群の方が偽薬群より有意に多かった。副作用はTA-ER群の方が偽薬群より有意に高頻度であり; 最も多い副作用は吐き気、めまい、便秘、嘔吐である。
Clin Ther. 2013 Oct 30. pii: S0149-2918(13)00968-5. doi: 10.1016/j.clinthera.2013.09.017. [Epub ahead of print]
A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Parallel-Group Study to Evaluate the Efficacy and Safety of the Extended-Release Tramadol Hydrochloride/Acetaminophen Fixed-Dose Combination Tablet for the Treatment of Chronic Low Back Pain.
Hyup Lee J, Lee CS; on behalf of the Ultracet ER Study Group.
Department of Orthopedic Surgery, Seoul National University College of Medicine, SMG-SNU Boramae Medical Center, Seoul, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-09 15:21 | アセトアミノフェン、NSAID

妊婦にアセトアミノフェンを投与すると3歳時のコミュニケーション能力、運動機能が低下する



方法:1999年と2008年の間のノルウェーの全妊娠女性を前向きNorwegian Mother and Child Cohort Studyに含める。母親はparacetamol を使用したかどうかを妊娠17週と30週および分娩後6か月で報告するように依頼された。2011年5月までに3年間の経過観察をした母親の子供48 631人のデータを用いた。家族や遺伝的な要因で補正した2919人の同性の兄弟のペアのデータを用いた。熱性疾患, 感染症および妊娠中の併用薬を含む多くの要因で補正して一般化線形回帰を用いて、胎児期にparacetamolに暴露されたことに基づいて精神運動発達(コミュニケーション, 微細なおよび粗大な運動発達),外面化および内面化行動問題, および気質 (情動性, 活動性, 社交性および内気)のモデルを作る。結果:兄弟を対象にした解析によると28日を超えて胎児期に paracetamol に暴露された子供は3歳時での粗大運動の発達 [β 0.24, 95% confidence interval (CI) 0.12-0.51], コミニュケーション (β 0.20, 95% CI 0.01-0.39), 外面化行動 (β 0.28, 95% CI 0.15-0.42), 内面化行動(β 0.14, 95% CI 0.01-0.28), および高い活動レベル (β 0.24, 95% CI 0.11-0.38)が悪い。胎児期に短期間(1-27日)paracetamolにさらされた子供も粗大運動の結果が悪いが(β 0.10, 95% CI 0.02-0.19), その影響は長期使用よりも少ない。Ibuprofenへの暴露は神経発達の結果には関連せず。まとめ:妊娠中にparacetamolの長期間暴露された子供は3歳時での発達がかなり悪い。

Int J Epidemiol. 2013 Oct 24. [Epub ahead of print]
Prenatal paracetamol exposure and child neurodevelopment: a sibling-controlled cohort study.
Brandlistuen RE, Ystrom E, Nulman I, Koren G, Nordeng H.
School of Pharmacy, University of Oslo, Oslo, Norway, Division of Mental Health, Norwegian Institute of Public Health, Oslo, Norway and Department of Pediatrics, Hospital for Sick Children, University of Toronto, Toronto, Canada.

妊婦や新生児にアセトアミノフェンを使用すると自閉症になりやすいという別の論文とほぼ同等の論文です。イブプロフェンはNSAIDであるため、それによる副作用があります。どうすればよいのでしょうか。代替薬はないと思います。大変なことです。妊婦の発熱時にはアセトアミノフェンに代わる薬はありません。発熱を放置することは胎児へも影響があるかもしれません。発熱は頻繁には起こらないため、ある程度の危険性を覚悟で内服せざるを得ないかもしれません。
 問題は痛みです。特に慢性痛です。長期間内服する妊婦さんもいます。ロキソニンなどのNSAID内服は論外です。神経障害性疼痛の場合にはノイロトロピンに代えることが選択肢の一つです。ノイロトロピンは胎児に安全かどうかという問題があります。安全であるという論文も危険であるという論文も現時点ではありません。成人に使用した際の副作用の少なさから、恐らく妊婦に使用しても安全であろうと私は推測しており、実際に私は妊婦にも使用しています。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-03 01:44 | アセトアミノフェン、NSAID

セレコックスには心毒性はない


OA患者とRA患者での前向き3年間の比較研究。方法と結果: 2007年11月1日から2008年7月31日まで日本の1,084の病院と診療所でcelecoxib (n=5,470) 又はNSAIDs (n=5,059) 投与の安全性。平均 (standard deviation)観察期間 はcelecoxib group では716 (420) 日であり)、 NSAID groupでは692 (426)日 (P=0.004). Composite I (心筋梗塞, 狭心症, 心不全, 脳梗塞,脳出血のadjudicated心血管系の副作用) の出来事の数(percentage) は1000人―年あたりcelecoxib では各々66 (1.2%) および6.2 (10,745 person years), NSAID では65 (1.3%) および6.8 (9,601 person years) (P=0.58). Composite II (全ての心血管の出来事) の数(percentage)は1000人―年あたりcelecoxib では各々79 (1.4%) と7.4, NSAIDでは各々84 (1.7%) と8.8 (P=0.26). 補正Cox hazards ratio (95% confidence interval) はComposite I では0.89 (0.63-1.27; P=0.52) , Composite II では0.87 (0.63-1.19; P=0.39) でありすべての原因の死亡で補正すると1.03 (0.75-1.41; P=0.87)。まとめ:OA患者とRA患者ではcelecoxibは非選択的なNSAIDと比べて心血管の危険性は増加しない。
Circ J. 2013 Oct 22. [Epub ahead of print]
Assessing the Cardiovascular Risk Between Celecoxib and Nonselective Nonsteroidal Antiinflammatory Drugs in Patients With Rheumatoid Arthritis and Osteoarthritis.
Hirayama A, Tanahashi N, Daida H, Ishiguro N, Chachin M, Sugioka T, Kawai S; on behalf of all ACCEPT study investigators in Japan.
Division of Cardiology, Nihon University School of Medicine.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-10-27 17:33 | アセトアミノフェン、NSAID

アセトアミノフェンによる動脈管開存治療


2009年6月,早期呼吸治療中に静脈内paracetamol を始める。72時間以内にparacetamol を開始した105人の超早産児(very preterm infants:VLGA, 妊娠<32週) 。20 mg/kgを投与し、その後6時間ごとに7.5 mg/kg投与。96人の VLGA infantsが致死的な先天異常を制御できず2008年1月から2009年5月まで入院。超早期に死亡した新生児は除外し、残りの102人の paracetamol-投与群と88人の対照群を解析。結果: paracetamol投与後,持続性動脈管(Persistent ductus arteriosus:PDA)は30.7%から14.7%に減少 (p=0.008). Ibuprofen治療を15人の paracetamol-治療新生児と26人の対照新生児に行う(p=0.013). paracetamol-治療をした3人と7人の対照新生児は手術が必要であった。検出可能な副作用はない。年間のPDA 発生率はparacetamol使用後減少。
J Matern Fetal Neonatal Med. 2013 Oct 10. [Epub ahead of print]
Early paracetamol treatment associated with lowered risk of persistent ductus arteriosus in very preterm infants.
Aikio O, Härkin P, Saarela T, Hallman M.
Department of Pediatrics, Oulu University Hospital, Oulu, Finland.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-10-20 17:22 | アセトアミノフェン、NSAID

非ステロイド性抗炎症薬と無症候性胃潰瘍


方法:Korean National Health Insurance Corporationの健康検査プログラムのためにMyongji Hospitalを受診した成人。医療情報と胃十二指腸症状を調べるためにアンケートをとる。結果:2005年5月から2009年3月まで, 5459人が参加したが 299人は除外。5160人中, 3144 (60.9%)には症状がなく 424人 (8.2%)には消化管潰瘍があった。症状のない3144人の中で, NSAID内服者の消化管潰瘍のオッズ比は1.4 [95% confidence interval (CI): 0.7-2.6, p = 0.339]。消化管潰瘍のある424人中, 247 (58.3%)人には症状なし。NSAID使用の割合は低い (4.9% vs. 14.7%)。無症状の胃潰瘍患者は症状のある胃潰瘍患者と比較すると、潰瘍の大きさが小さく、治癒期の頻度が高い。424人の胃潰瘍患者を多変量解析をすると、無症状の消化管潰瘍に対するNSAID内服患者のオッズ比は 0.249 (95%CI: 0.115-0.536, p < 0.05)。284人の胃潰瘍患者のサブグループ解析では, 無症状の消化管潰瘍に対するNSAID内服患者のオッズ比は0.263 (95% CI: 0.105-0.657, p = 0.004).まとめ: NSAID は無症状の胃潰瘍患者とは逆の関連があるが, 十二指腸潰瘍患者の胃十二指腸症状とは関連がない。NSAIDは症状を隠すというよりも胃十二指腸症状と関連するのかもしれない、少なくとも胃潰瘍患者においては。
Scand J Gastroenterol. 2013 Sep 26. [Epub ahead of print]
NSAID is inversely associated with asymptomatic gastric ulcer: Local health examination data from the Korean National Health Insurance Corporation.
Kim HM, Cho JH, Choi JY, Chun SW, Kim YJ, Cho HG, Song SY, Han KJ.
Division of Gastroenterology, Department of Internal Medicine, Myongji Hospital, Kwandong University College of Medicine , Goyang , Republic of Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-10-12 13:26 | アセトアミノフェン、NSAID

NSAIDは無症候性胃潰瘍と負の相関


方法:Korean National Health Insurance Corporationの健康検査プログラムのためにMyongji Hospitalを受診した成人。医療情報と胃十二指腸症状を調べるためにアンケートをとる。結果:2005年5月から2009年3月まで, 5459人が参加したが 299人は除外。5160人中, 3144 (60.9%)には症状がなく 424人 (8.2%)には消化管潰瘍があった。症状のない3144人の中で, NSAID内服者の消化管潰瘍のオッズ比は1.4 [95% confidence interval (CI): 0.7-2.6, p = 0.339]。消化管潰瘍のある424人中, 247 (58.3%)人には症状なし。NSAID使用の割合は低い (4.9% vs. 14.7%)。無症状の胃潰瘍患者は症状のある胃潰瘍患者と比較すると、潰瘍の大きさが小さく、治癒期の頻度が高い。424人の胃潰瘍患者を多変量解析をすると、無症状の消化管潰瘍に対するNSAID内服患者のオッズ比は 0.249 (95%CI: 0.115-0.536, p < 0.05)。284人の胃潰瘍患者のサブグループ解析では, 無症状の消化管潰瘍に対するNSAID内服患者のオッズ比は0.263 (95% CI: 0.105-0.657, p = 0.004).まとめ: NSAID は無症状の胃潰瘍患者とは逆の関連があるが, 十二指腸潰瘍患者の胃十二指腸症状とは関連がない。These suggest that NSAIDは症状を隠すというよりも胃十二指腸症状と関連するのかもしれない、少なくとも胃潰瘍患者においては。
Scand J Gastroenterol. 2013 Sep 26. [Epub ahead of print]
NSAID is inversely associated with asymptomatic gastric ulcer: Local health examination data from the Korean National Health Insurance Corporation.
Kim HM, Cho JH, Choi JY, Chun SW, Kim YJ, Cho HG, Song SY, Han KJ.
Division of Gastroenterology, Department of Internal Medicine, Myongji Hospital, Kwandong University College of Medicine , Goyang , Republic of Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-09-30 19:08 | アセトアミノフェン、NSAID

アセトアミノフェンは喘鳴の危険因子


方法: 標準的なアンケートにより行われた幼児の喘鳴に関する国際的な研究から(Estudio Internacional de Sibilancia en Lactentes - EISL),のphase 3の横断的研究。幼児の親and/or 保護者はプライマリー・ケアクリニックまたは自宅で2009年8月から2010年11までにインタビューされた。二変量解析多変量解析(using the Statistical Package for Social Sciences [SPSS] v.18.0)を用いて幼児の喘鳴に関連する要因を研究し, odds ratios (OR) and 95% confidence intervals (95% CI)で表記。結果:記載されたアンケートは1,060人の親and/or 保護者から回答された。喘鳴の危険因子は: 家族の喘息歴[母親 (OR = 1.62; 95% CI = 1.07-2.43); 父親(OR = 1.98; 95% CI = 1.22-3.23); 兄弟(OR = 2.13; 95% CI = 1.18-3.87)]; 以前の肺炎の既往 (OR = 10.80; 95% CI = 4.52-25.77);上気道感染(upper respiratory tract infections:URTIs)に6回以上罹患 (OR = 2.95; 95% CI = 2.11-4.14);出生後3ヶ月以内に最初のURTIに罹患(OR = 1.50; 95% CI = 1.04-2.17); 中等度に汚染された地域に住むこと (OR = 1.59; 95% CI = 1.08-2.33); URTIに対するparacetamolの使用 (OR = 2.13; 95% CI = 1.54-2.95); 皮膚感染に対する抗生物質の使用(OR = 2.29; 95% CI = 1.18-4.46).
J Pediatr (Rio J). 2013 Sep 12. pii: S0021-7557(13)00170-8. doi: 10.1016/j.jped.2013.04.004. [Epub ahead of print]
Risk factors associated with wheezing in infants.
Moraes LS, Takano OA, Mallol J, Solé D.
Assistant Professor of the Pediatrics Department, Universidade Federal de Mato Grosso, Cuiabá, MT, Brazil

 アセトアミノフェンを飲まないといけない上気道感染担ったことが危険因子である可能性は否定できない。全文を読む必要がある。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-09-22 08:54 | アセトアミノフェン、NSAID

非ステロイド性抗炎症薬は髄膜腫を増加させる


方法: nested case-control studyのデザインを用いて、The UK Clinical Practice Research Datalinkでアスピリンおよび非アスピリンNSAIDと一次性脳腫瘍の危険性の関連を評価。条件付ロジスティック回帰分析を1987年と2009年の間に診断された16歳以上の5,052人の脳腫瘍患者に行い, 生まれた年, 性別を一致させた42,678人の対照、そしてアレルギーの既往とホルモン置換療法で補正。結果:前年に使用した薬を除外した条件付ロジスティック回帰分析では,非アスピリンNSAID 使用(OR 0.96, 95 % CI 0.81-1.13)はglioma riskR 1.35, 95 % CI 1.06-1.71)、低用量または高用量のアスピリン使用はいずれとも関連がない。まとめ: 大規模なnested case-control研究ではアスピリンあるいは非アスピリンNSAID使用は gliomaの危険性を高めないが非アスピリンNSAID使用はmeningiomaの危険性を少し高める.
Cancer Causes Control. 2013 Aug 30. [Epub ahead of print]
Non-steroidal anti-inflammatory drug use and brain tumour risk: a case-control study within the Clinical Practice Research Datalink.1請求
Bannon FJ, O'Rorke MA, Murray LJ, Hughes CM, Gavin AT, Fleming SJ, Cardwell CR.
Northern Ireland Cancer Registry, Centre for Public Health, School of Medicine, Dentistry and Biomedical Sciences, Queen's University Belfast, Belfast, UK
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-09-08 10:12 | アセトアミノフェン、NSAID

アセトアミノフェンによる先制鎮痛法


対象と方法:倫理委員会の許可の後, ASAI-II, 300 人の胆嚢摘出(術)患者を無作為に3群に分ける: Group I (先制鎮痛法) ではparacetamol 1 g/100 mLを皮膚切開の10分前に静脈注射し手術終了時に100 mL の生食を静脈注射, Group II (術後鎮痛) では皮膚切開の前に100 mL の生食を静脈注射し術後にparacetamol 1 g/100 mLを静脈注射、Group III (placebo) は皮膚切開の10分前に100 mLの生食を静脈注射し、術後に100 mLの生食を静脈注射。鎮痛薬であるtramadol (Contramal(®))が最初に必要となった時間、および24時間での鎮痛薬の消費量を記録。VAS痛み点数を全患者で術後 15, 30分、 1, 2, 4, 6, 8, 12 、24 時間で計測。結果:最初に鎮痛薬が必要になるまでの時間はGroup I およびGroup IIは, Group IIIに比べて有意に長い (P < 0.05)。最初に鎮痛薬が必要になるまでの時間はGroup I ではGroup IIより有意に長い (P < 0.05)。術後の鎮痛薬全消費量および術後のVAS痛み点数はGroup I およびIIではGroup IIIに比べて有意に少ない。術後の鎮痛薬全消費量および術後のVAS痛み点数はGroup IではGroup IIに比べて有意に少ない (P < 0.05).
J Res Med Sci. 2013 Mar;18(3):172-7.
Comparing the efficacy of preemptive intravenous paracetamol on the reducing effect of opioid usage in cholecystectomy.
Arslan M, Celep B, Ciçek R, Kalender HÜ, Yılmaz H.
Department of Anesthesiology and Reanimation, Gazi University Medical Faculty, Ankara, Turkey.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-11 19:44 | アセトアミノフェン、NSAID

変形性関節症にはNSAIDとリリカの併用が有用


対象と方法: 89人の膝OA患者を無作為振り分け前向き研究。患者をmeloxicam(モービック), pregabalin, およびmeloxicam+pregabalin群に分ける。痛み点数はVAS, およびWestern Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC)を用いて薬物治療の前と4週後で評価.Kruskal-Wallis testで群間の痛み点数を比較。結果: 薬物治療前は,3群間にはVAS およびWOMAC点数には有意差なし (p>0.05)。他の群に比べるとmeloxicam+pregabalin群は1, 2, および4週でのVASと, 4週でのWOMAC点数は有意に軽減した (p<0.05). meloxicamのみの群 in 4週間でのVAS および4週でのWOMAC点数はpregabalinのみの群と比べて有意な痛みの軽減はない (p>0.05).まとめ: Meloxicam+pregabalin群はOA患者に有効。この所見は、OAの痛みは炎症とNPの組み合わせであることを示唆する。
Yonei Med J. 2013 Sep 1;54(5):1253-8. doi: 10.3349/ymj.2013.54.5.1253.
Efficacy of combination of meloxicam and pregabalin for pain in knee osteoarthritisOhtori S, Inoue G, Orita S, Takaso M, Eguchi Y, Ochiai N, Kishida S, Kuniyoshi K, Aoki Y, Ishikawa T, Miyagi M, Kamoda H, Suzkuki M, Nakamura J, Kubota G, Sakuma Y, Oikawa Y, Toyone T, Inage K, Sainoh T, Yamauchi K, Takahashi K.
Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University, 1-8-1 Inohana, Chuo-ku, Chiba 260-8670, Japan. sohtori@faculty.chiba-u.jp
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-11 19:35 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line