<   2018年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


HPVワクチン接種症候群は臨床的幻想か、新たな悲劇的な線維筋痛症モデルか。

独立した調査者がhumanpapillomavirus (HPV)予防接種直後に慢性有痛性自律神経障害の発生を記述. この症候群の真実は激しく議論されている。HPV予防接種後の症例の多くはFMの診断基準を満たす。この論文ではHPV 予防接種に関連した症候群の存在を支持する議論をする。FMの自律神経障害―神経障害モデルはHPV 予防接種後に始まった有痛性の慢性疾患の発生の診断および治療過程の手助けになることを提案. 一方、この真実が補強されれば、HPVワクチン症候群は新たな悲劇的なFMモデルになるかもしれない。

Reumatol Clin.2018 Mar 13. pii: S1699-258X(18)30035-4. doi: 10.1016/j.reuma.2018.01.014.[Epub ahead of print]

HPV vaccination syndrome: A clinical mirage, ora new tragic fibromyalgia model.

[Article in English, Spanish]

Martínez-Lavín M1.

1

Departamentode Reumatología, Instituto Nacional de Cardiología Ignacio Chávez, Ciudad deMéxico, México. Electronic address: drmartinezlavin@gmail.com.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-22 23:08 | その他

慢性疲労症候群ではテロメアが短くなる

CFSとテロメアの早期消耗の関連。方法:the Georgia CFS観察研究の参加者(n = 639)の経過観察時のデータ.疲労、機能、および症状のアンケートに基づいたサブスケール閾値の1994 CFSResearch Case Definitionを用いて、 参加者を4つの疾患群に分類: もしすべての基準を満たしていればCFS (n = 64),もしCFSの除外状態であればCFS-X (n = 77), 除外状態にもかかわらずいくつかの基準を満たせばISF (不十分な症状/疲労insufficient symptoms/fatigue)(n = 302), そして基準を満たさず除外基準も満たさない場合にはNF (非疲労non-fatigued) (n = 196). 相対的テロメアの長さ(T/S)を、全血からのDNAreal-timePCRを用いて、計測した. General linear modelsを用いて、疾患群又はT/S比と人口統計的、生物学的計測や共変量の関連を推定し、p < 0.05を有意とみなした。結果:平均 T/S 比は疾患群で有意差あり(p = 0.0017); CFS (0.90 ± 0.03)および ISF (0.94 ± 0.02)T/S比は各々NF(1.06 ± 0.04)よりも有意に低い。年齢、性別、BMI、ウエストーヒップ比、労作後倦怠感および教育歴の共変量で補正しても、T/S比の差は有意のまま。テロメアの長さは、CFS, CFS-X およびISFNFに比べて各々635, 254 および424base pairsほど短い. テロメアの長さのこの短縮は、CFS, CFS-X およびISFNFに比べると、10.1-20.5, 4.0-8.2 および6.6-13.7歳の加齢に各々相当する 。さらに、年齢と性別に基づく層別解析によると、ME/CFSとテロメアの短さの関連は45歳未満の女性で大きく抑えられる。

J Transl Med. 2018 Feb27;16(1):44. doi: 10.1186/s12967-018-1414-x.

Association of chronicfatigue syndrome with premature telomereattrition.

RajeevanMS1, Murray J2,3, Oakley L2,4, Lin JS2, Unger ER2.

1

Division ofHigh-Consequence Pathogens & Pathology, Centers for Disease Control andPrevention, 1600 Clifton Road, Atlanta, GA, 30329, USA. mor4@cdc.gov.

2

Division ofHigh-Consequence Pathogens & Pathology, Centers for Disease Control andPrevention, 1600 Clifton Road, Atlanta, GA, 30329, USA.

3

InfluenzaDivision, Centers for Disease Control and Prevention, Atlanta, USA.

4

College ofPublic Health and Human Services, Oregon State University, Corvallis, USA.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-11 15:31 | 慢性疲労症候群

複合性局所疼痛症候群の治療の新しい論文の系統的総説

200931日から2017824日までの英語で記載された無作為対照研究(RCTs)。CRPSの治療に関する系統的総説と叙述的な統合のアップデート。所見: CRPSの治療に関連するために様々な質の35RCTsを見つけた。出版された研究はCRPS の治療にはbisphosphonatesと短期間の経口steroidsの使用を支持する。新たなエビデンスによるとketamine, memantine, 静注免疫グロブリン、硬膜外clonidine,くも膜下clonidine/baclofen/adenosine,有酸素運動、鏡治療、仮想身体交換, および後根神経節刺激の治療の役割を示すが, さらなる確認のRCTsが必要。 同様に研究は末梢性交感神経ブロック(例えば腰椎/胸椎交感神経, 星状神経節, および腕神経叢ブロック)の役割の広がりを示す。まとめ:我々の以前の総説(2010年出版)からCRPSに関連した35RCTsが出版された。しかし研究の質はまちまち。エビデンスレベルTherapeutic I.

Can JAnaesth. 2018 Feb 28. doi: 10.1007/s12630-018-1091-5. [Epub aheadof print]

Treatment of complexregional pain syndrome: an updated systematic review and narrativesynthesis.

Duong S1, Bravo D2, Todd KJ1, FinlaysonRJ3, Tran Q4.

1

JewishGeneral Hospital, Herzl Family Medicine Center, Montreal, QC, Canada.

2

Departmentof Anesthesia, Hospital Clínico Universidad de Chile, University of Chile,Santiago, Chile.

3

Departmentof Anesthesia, Montreal General Hospital, McGill University, 1650 Ave Cedar,D10-144, Montreal, QC, H3G 1A4, Canada.

4

Departmentof Anesthesia, Montreal General Hospital, McGill University, 1650 Ave Cedar,D10-144, Montreal, QC, H3G 1A4, Canada. de_tran@hotmail.com.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-11 15:28 | 複合性局所疼痛症候群

パーキンソン病患者におけるむずむず脚症候群の有病率の系統的総説とメタ解析

パーキンソン病におけるRLSの有病率の観察研究の系統的総説とメタ解析。結果:様々な人口においてPDにおける統合したRLSの有病率は14%であり, アジアでの有病率(12%) はアジア外のそれ (16%)より少し低い。以前PDの治療を受けていた患者における有病率 (15%)は薬を飲んでいない患者のそれ(11%)より高い.女性PD患者におけるRLSの有病率 (13%)は男性のそれ(11%)より高い。PD患者におけるRLSの有病率は健常対照者におけるそれよりもはるかに高い (OR 2.86, 95% CI 2.10-3.90;p < 0.001).

SleepMed. 2018 Mar;43:40-46. doi: 10.1016/j.sleep.2017.11.1146. Epub2018 Jan 31.

Prevalence of restlesslegs syndrome in Parkinson's disease: a systematic review andmeta-analysis of observational studies.

Yang X1, Liu B2, Shen H3, Li S4, Zhao Q5, An R5, Hu F5, Ren H6, Xu Y7, Xu Z8.

1

Departmentof Geriatric Neurology, First Affiliated Hospital of Kunming MedicalUniversity, Kunming, People's Republic of China; Department of Neurology, WestChina Hospital, Sichuan University, Chengdu, People's Republic of China.

2

Departmentof Geriatric Neurology, First Affiliated Hospital of Kunming MedicalUniversity, Kunming, People's Republic of China.

3

Departmentof Rehabilitation, The Second People's Hospital of Jiang You, Mian Yang,People's Republic of China.

4

Departmentof Anesthesia, Kunming Xishan District People's Hospital, Kunming, People'sRepublic of China.

5

Departmentof Neurology, West China Hospital, Sichuan University, Chengdu, People'sRepublic of China.

6

Department ofGeriatric Neurology, First Affiliated Hospital of Kunming Medical University,Kunming, People's Republic of China. Electronic address: huiren2006@163.com.

7

Departmentof Neurology, West China Hospital, Sichuan University, Chengdu, People'sRepublic of China. Electronic address: neuroxym999@163.com.

8

Departmentof Geriatric Neurology, First Affiliated Hospital of Kunming MedicalUniversity, Kunming, People's Republic of China. Electronic address:xuzhong118@126.com.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-11 15:25 | むずむず脚症候群

線維筋痛症に対するSNRIの有効性のコクラン総説

FMにおけるSNRIの有効性、副作用のコクラン総説。著者の結論:アップデートは過去の総説の主要な所見を変更しなかった。低い又は大変低い質のエビデンスに基づくと、SNRIsである duloxetine およびmilnacipran50%以上の鎮痛の頻度では偽薬以上に臨床的に有効な恩恵を与えないが, 患者の全般的な印象がmuch 又はvery much 改善および30%以上の鎮痛の頻度では臨床的に有効な恩恵がある。SNRIsであるduloxetine およびmilnacipranは、健康に関連した生活の質の改善および疲労の減少の点では偽薬に比べると臨床的に有効な恩恵はない. Duloxetineおよびmilnacipranは睡眠問題の軽減には偽薬と有意には違わず。duloxetine およびmilnacipran は偽薬に比べると、副作用による脱落率が高かった。平均すると、FMにおけるduloxetineおよびmilnacipran の可能性のある恩恵よりも、可能性のある有害性の方が勝る。しかし、FM患者の一部は、duloxetine 又はmilnacipranにより臨床的に関連のある副作用なしでかなりの症状改善を経験するかも。desvenlafaxine,duloxetine およびmilnacipran以外のその他のSNRIsには偽薬対照研究を見つけることはできなかった.

Cochrane Database SystRev. 2018 Feb 28;2:CD010292. doi:10.1002/14651858.CD010292.pub2.

Serotonin and noradrenaline reuptake inhibitors(SNRIs) for fibromyalgia.

Welsch P1, Üçeyler N, Klose P, Walitt B, Häuser W.

1

Health CareCenter for Pain Medicine and Mental Health,Saarbrücken, Germany.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-11 15:22 | FMの薬物治療各論

カナダのオンタリオ州では法律改正によりベンゾジアゼピンの使用が減少

カナダのオンタリオ州在住の65歳以上、1998年から2013年。BZD使用者は1998年の65歳以上の1,412,638人のオンタリオ州在住者の23.2%から 2013年の65歳以上の2,057,899人の在住者の14.9%に低下(p < 0.001 for trend). 処方率は高齢者に有意に高く (p < 0.001) 女性は男性よりも1.54-1.62倍高い。201111月から法律変更。

Ther Adv Psychopharmacol. 2018Mar;8(3):99-114. doi: 10.1177/2045125317743651. Epub 2017 Dec 5.

Benzodiazepineprescription in Ontario residents aged 65 and over: a population-based studyfrom 1998 to 2013.

DaviesSJC1, Jacob B2, Rudoler D3, Zaheer J4, deOliveira C5, Kurdyak P6.

1

GeriatricPsychiatry Division, Centre for Addiction and Mental Health, 80 Workman Way,Toronto, ON M6J 1H4, Canada Department of Psychiatry, University of Toronto,Canada.

2

Centre forAddiction and Mental Health, Toronto, Ontario, Canada.

3

Centre forAddiction and Mental Health, Toronto, Ontario, Canada Institute of HealthPolicy, Management and Evaluation, University of Toronto, Canada.

4

Centre for Addictionand Mental Health, Toronto, Ontario, Canada Department of Psychiatry,University of Toronto, Canada.

5

Centre forAddiction and Mental Health, Toronto, Ontario, Canada Institute of HealthPolicy, Management and Evaluation, University of Toronto, Canada Institute ofClinical Evaluative Sciences, Toronto, Ontario, Canada.

6

Centre forAddiction and Mental Health, Toronto, Ontario, Canada Department of Psychiatry,University of Toronto, Canada Institute of Health Policy, Management andEvaluation, University of Toronto, Canada Institute of Clinical EvaluativeSciences, Toronto, Ontario, Canada.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-11 15:19 | 抗不安薬の常用量依存

中等度から強度の腰痛又は股関節や膝関節のOAの痛みにオピオイドを開始することを支持しない

鎮痛薬使用にもかかわらず、中等度から強度の慢性腰痛症又は股関節や膝関節のOA痛の患者。結果の評価はマスクして行った。265人中25人が脱落し、240人を無作為振り分け12か月経過観察。オピオイド治療群と非オピオイド治療群。各群は3段階。オピオイド群では、第一段階は速放性morphine,oxycodone, or hydrocodone/acetaminophen.非オピオイド群では、第一段階はacetaminophen (paracetamol)又はNSAID. 各患者の反応に従い、各群の中で、薬を変更、追加又は加減した.オピオイド群では、第一段階は速放性morphine,oxycodone, or hydrocodone/acetaminophen.非オピオイド群では、第一段階はacetaminophen (paracetamol)又はNSAID. 各患者の反応に従い、各群の中で、薬を変更、追加又は加減した.無作為に振り分けた240人の中で(平均年齢,58.3;女性,32[13.0%]), 234(97.5%)が研究完了.グループには12か月間の痛みに関連した機能には有意差はなかった(全般的にはP = .512-か月のBrief Pain Inventory BPI)障害の平均はオピオイド群は3.4であり、非オピオイド群は3.3(difference, 0.1 [95% CI, -0.5 to 0.7]). 痛みの強さは12か月間で非オピオイドが有意に優れていた(全般でP = .03);12-か月のBPI 強度の平均はオピオイド群では4.0であり非オピオイド群では3.5(difference, 0.5 [95% CI, 0.0 to 1.0]). 薬に関連した副作用は12か月でオピオイド群の方が有意に多かった(全般的にはP = .03);12か月での薬に関連した症状の平均はオピオイド群では1.8であり非オピオイド群では0.9(difference, 0.9 [95% CI, 0.3 to 1.5]).まとめ:12か月間での痛みに関連した機能の改善の点で、オピオイドによる治療は非オピオイドによる治療よりは優れていなかった.この結果は、中等度から強度の腰痛又は股関節や膝関節のOAの痛みにオピオイドを開始することを支持しない。

JAMA. 2018 Mar 6;319(9):872-882.doi: 10.1001/jama.2018.0899.

Effect of Opioid vsNonopioid Medications on Pain-Related Function in Patients With Chronic Back Painor Hip or Knee Osteoarthritis Pain: The SPACE Randomized Clinical Trial.

Krebs EE1,2,Gravely A1,Nugent S1,Jensen AC1,DeRonne B1,Goldsmith ES1,3,Kroenke K4,5,6,Bair MJ4,5,6,Noorbaloochi S1,2.

1

Centerfor Chronic Disease Outcomes Research, Minneapolis Veterans Affairs Health CareSystem, Minneapolis, Minnesota.

2

Departmentof Medicine, University of Minnesota Medical School, Minneapolis.

3

Divisionof Epidemiology, University of Minnesota School of Public Health, Minneapolis,Minneapolis, Minnesota.

4

Centerfor Health Information and Communication, Roudebush Veterans Affairs MedicalCenter, Indianapolis, Indiana.

5

Departmentof Medicine, Indiana University School of Medicine, Indianapolis.

6

RegenstriefInstitute, Indianapolis, Indiana.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-11 15:13 | オピオイド

FMにおけるSNRIの有効性、副作用のコクラン総説

FMにおけるSNRIの有効性、副作用のコクラン総説。著者の結論:アップデートは過去の総説の主要な所見を変更しなかった。低い又は大変低い質のエビデンスに基づくと、SNRIsである duloxetine およびmilnacipran50%以上の鎮痛の頻度では偽薬以上に臨床的に有効な恩恵を与えないが, 患者の全般的な印象がmuch 又はvery much 改善および30%以上の鎮痛の頻度では臨床的に有効な恩恵がある。SNRIsであるduloxetine およびmilnacipranは、健康に関連した生活の質の改善および疲労の減少の点では偽薬に比べると臨床的に有効な恩恵はない. Duloxetineおよびmilnacipranは睡眠問題の軽減には偽薬と有意には違わず。duloxetine およびmilnacipran は偽薬に比べると、副作用による脱落率が高かった。平均すると、FMにおけるduloxetineおよびmilnacipran の可能性のある恩恵よりも、可能性のある有害性の方が勝る。しかし、FM患者の一部は、duloxetine 又はmilnacipranにより臨床的に関連のある副作用なしでかなりの症状改善を経験するかも。desvenlafaxine,duloxetine およびmilnacipran以外のその他のSNRIsには偽薬対照研究を見つけることはできなかった.

Cochrane Database SystRev. 2018 Feb 28;2:CD010292. doi:10.1002/14651858.CD010292.pub2.

Serotonin and noradrenaline reuptake inhibitors(SNRIs) for fibromyalgia.

Welsch P1, Üçeyler N, Klose P, Walitt B, Häuser W.

1

Health CareCenter for Pain Medicine and Mental Health,Saarbrücken, Germany.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-04 12:11 | 抗うつ薬

名古屋スタディでは子宮頸がんワクチンの危険性を描出できない

名古屋スタディでは子宮頸がんワクチンの危険性を描出できない

子宮頸がんワクチンに関する名古屋スタディが報告された。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2405852117300708

1:健康状態の良い人がワクチンを接種する頻度が増え、健康状態が悪い人は接種する頻度が減る。論文の結果にもそれが垣間見えている。この論文はそれを補正していない。
 ワクチン接種群と非接種群で有病率を比較している。ワクチン接種群の患者はワクチン接種前の症状のある患者(有病率に近い)とワクチン接種後に新規発生した患者(発病率)の合計であり、それを非接種群における症状のある患者(有病率に近い)と比較している。そのためワクチン接種群における症状のある患者数は非接種群における症状のある患者数と同程度かやや多くなるはずである。しかし、table3(年齢補正している)では24の症状のうち10の症状でワクチン接種群の方が患者数が少ないという異常事態。これは健康状態で補正をしていないため、健康状態の良い人がワクチンを接種する頻度が増え、健康状態が悪い人は接種する頻度が減ることを意味している。これではワクチン接種群における症状のある患者数が少なめにあらわされてしまう不公平な研究である。

2:子宮頸がんワクチンの問題点は接種者の2割に発熱が起こるという類ではない。ワクチン接種群の患者はワクチン接種前の症状のある患者(有病率に近い)とワクチン接種後に新規発生した患者(発病率)の合計である。名古屋スタディは発病率が有病率の10%以下の症状を検出することはできないと推定している。ワクチン接種者では恐らく0.1%以下に激烈な症状(就学不能になるほどの記憶障害等)が起こる。そのためワクチン接種者と非接種者で副作用の頻度を比較しても、子宮頸がんワクチンの問題点を示すことはできない。ごくまれな症状を示すことはできないと著者自身が論文中で述べている。

3:2とも関連するが症状の重篤度が無視されている。例えば記憶障害という症状でも、軽度の記憶障害と、就学不能の重度の記憶障害を区別していない。

 子宮頸がんワクチンの問題点はごくまれに就学不能な激烈な副作用がでること。名古屋スタディの方法では子宮頸がんワクチンの問題点を示すことはできない。

 日本国政府は子宮頸がんワクチンとごくまれにおこる就学不能な激烈な副作用の因果関係を認め国家賠償をすべきと私は考えている。現時点では国家賠償は全くないとは言わないが、きわめて不十分な賠償と言わざるを得ない。因果関係を認めた上で、国家賠償を行った後に、国民に子宮頸がんワクチンの長所(子宮への一部のウイルス感染の確率を減らすという事実から子宮頸がんが減ると推測される。ただし現時点では子宮頸がんが減るというデータはない)と短所(ごくまれに就学不能の激烈な副作用が出る)の両方を開示して、それを受けるかどうかを各個人に任せればよいと思う。
 米国では子宮頸癌ワクチンの被害者49人に約600万ドルが支払われた。
https://www.washingtontimes.com/news/2014/dec/31/us-court-pays-6-million-gardasil-victims/?utm_campaign=shareaholic&utm_medium=twitter&utm_source=socialnetwork




[PR]

by fibromyalgia11 | 2018-03-02 12:29 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line