線維筋痛症に対する訓練治療の効果の系統的総説


デザイン:
CochranePlus, PEDro, and Pubmed databasesから得た研究のFMに対する訓練治療の効果の系統的総説。 成人FM患者の無作為対照研究およびメタ解析を含めた。この系統的総説で考慮された一次的な結果は、痛み、全般的な健康、抑うつ症状、および健康に関連した生活の質。結果:randomeffects modelを用いて、95%信頼区間のついた標準化された平均の差を用て効果をまとめた。この研究によると、肉体運動は痛み(-1.11 [95% CI] -1.52; -0.71;全般的な効果p < 0.001), 全般的な幸福(-0.67 [95% CI] -0.89, -0.45; p< 0.001), 抑うつ症状 (-0.40 [95%CI] -0.55, -0.24; p < 0.001)を減らしそれは健康に関連した生活の質の両方の要素を改善する (身体的:0.77 [95% CI] 0.47; 1.08; p < 0.001;精神的:0.49 [95% CI] 0.27; 0.71; p < 0.001)という強いエビデンスがある。まとめ:FM患者において有酸素運動および筋肉ストレッチング訓練は痛みを軽減し全般的な幸福を改善する最も有効な方法であり、ストレッチング訓練と有酸素訓練は健康に関連した生活の質を改善するとこの研究は結論。さらに、組み合わせ訓練は抑うつ症状に最も利益のある効果をもたらす。

Biomed Res Int.2017;2017:2356346. doi: 10.1155/2017/2356346. Epub 2017 Sep 20.

Effectiveness of Therapeutic Exercise in Fibromyalgia Syndrome: A Systematic Review andMeta-Analysis of Randomized Clinical Trials.

Sosa-ReinaMD1,2, Nunez-NagyS3, Gallego-IzquierdoT3, Pecos-Mart?nD3, MonserratJ1, ?lvarez-MonM1,2.

1

Departmentof Medicine and Medical Specialty, Faculty of Medicine and Health Sciences,University of Alcal?, Alcal? de Henares, Spain.

2

ImmuneSystem Diseases-Rheumatology and Oncology Service, University Hospital"Pr?ncipe de Asturias", Alcal? de Henares, Madrid, Spain.

3

Departmentof Nursing and Physiotherapy, Faculty of Medicine and Health Sciences,University of Alcal?, Alcal? de Henares, Spain.


スカパー!


[PR]

# by fibromyalgia11 | 2018-01-08 13:09 | FMの非薬物治療

子供と成人におけるアセトアミノフェン使用と喘息の危険性の系統的総説とメタ解析

子供と成人におけるアセトアミノフェン使用と喘息の危険性の系統的総説とメタ解析。結果:425,140人からなる13の横断研究、4つのコホート研究、そして2つの症例対照研究をこの総説に含めた。Acetaminophenを使用した者における喘息の統合したオッズ比(OR) 1.63 (95% CI, 1.46 to 1.77). 喘息の診断の前年のacetaminophen使用者における子供の喘息の危険性、および生後1年以内のacetaminophen使用者における子供の喘息の危険性は増加(各々OR: 1.60 [95% CI, 1.48 to 1.74] 1.47 [95% CI, 1.36 to 1.56]).高用量のacetaminophen使用と子供の喘息の関連を1つの研究のみが報告(OR, 3.23; 95% CI, 2.9 to 3.6). acetaminophenの出生前の使用により喘息と喘鳴の危険性は増加(各々OR: 1.28 [95% CI, 1.16 to 41] and 1.50 [95% CI, 1.10 to 2.05])。まとめ:我々の総説の結果は一貫しており、アセトアミノフェンに暴露された子供と成人では喘息と喘鳴の危険性は増加。

Chest. 2009 Nov;136(5):1316-1323. doi: 10.1378/chest.09-0865.Epub 2009 Aug 20.

Acetaminophen use and the risk of asthma in children and adults: a systematic review and metaanalysis.

EtminanM1, SadatsafaviM2, JafariS3, Doyle-WatersM4, AminzadehK5, FitzGeraldJM6.

1

PharmacoepidemiologyUnit, Center for Clinical Epidemiology and Evaluation, Vancouver Coastal HealthResearch Institute, Vancouver, BC, Canada; Department of Medicine, Universityof British Columbia, Vancouver, BC, Canada.

2

Collaborationfor Outcome Research and Evaluation, University of British Columbia, Vancouver,BC, Canada.

3

School of PublicHealth Sciences, University of British Columbia, Vancouver, BC, Canada.

4

PharmacoepidemiologyUnit, Center for Clinical Epidemiology and Evaluation, Vancouver Coastal HealthResearch Institute, Vancouver, BC, Canada.

5

Faculty ofDentistry, University of British Columbia, Vancouver, BC, Canada.

6

The Lung Center,Vancouver Coastal Health Research Institute, Vancouver, BC, Canada; Division ofRespiratory Medicine, University of British Columbia, Vancouver, BC, Canada;Pharmacoepidemiology Unit, Center for Clinical Epidemiology and Evaluation,Vancouver Coastal Health Research Institute, Vancouver, BC, Canada. Electronicaddress: markf@interchange.ubc.ca.






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2018-01-08 13:04 | アセトアミノフェン、NSAID

妊娠中のアセトアミノフェン(カロナール)摂取は胎児の喘鳴(喘息)の危険因子:系統的総説とメタ解析


方法:妊娠中の
paracetamol使用と それに引き続く子供時代の喘息の関連を報告した研究の系統的総説とメタ解析。一次的な結果はの変数は過去12か月の喘鳴。inverse variance weighted方法により、交絡因子で補正していない一覧表にした生データでのrandom 効果のオッズ比 (OR)を統合した。結果:6つの研究をメタ解析。研究した子供の年齢は3084か月。妊娠中のいずれかのステージで何らかのparacetamolに暴露された女児における、現在の喘鳴の危険性のORの統合したrandom効果は1.21 (95%信頼区間1.02-1.44). 研究の特徴は、妊娠のすべての三分期の間のparacetamol 使用との関連、および喘息、強度の喘息およびアトピーとの関連を含んだ.

Clin ExpAllergy. 2011 Apr;41(4):482-9. doi:10.1111/j.1365-2222.2010.03691.x. Epub 2011 Feb 22.

Paracetamol in pregnancy and the risk ofwheezing in offspring:a systematic reviewand meta-analysis.

Eyers S1, WeatherallM,JefferiesS,Beasley R.

1

MedicalResearch Institute of New Zealand, Wellington, New Zealand.sally.eyers@ccdhb.org.nz



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2018-01-03 09:07

線維筋痛症における身体訓練の効果:無作為振り分け対照研究の系統的総説とメタ解析


デザイン:
CochranePlus, PEDro, and Pubmed databasesから得た研究の系統的総説。成人FM患者の無作為対照研究およびメタ解析を含めた。この系統的総説で考慮された一次的な結果は、痛み、全般的な健康、抑うつ症状、および健康に関連した生活の質。結果:randomeffects modelを用いて、95%信頼区間のついた標準化された平均の差を用て効果をまとめた。この研究によると、肉体運動は痛み(-1.11 [95% CI] -1.52; -0.71;全般的な効果p < 0.001), 全般的な幸福(-0.67 [95% CI] -0.89, -0.45; p< 0.001), 抑うつ症状 (-0.40 [95%CI] -0.55, -0.24; p < 0.001)を減らしそれは健康に関連した生活の質の両方の要素を改善する (身体的:0.77 [95% CI] 0.47; 1.08; p < 0.001;精神的:0.49 [95% CI] 0.27; 0.71; p < 0.001)という強いエビデンスがある。まとめ:FM患者において有酸素運動および筋肉ストレッチング訓練は痛みを軽減し全般的な幸福を改善する最も有効な方法であり、ストレッチング訓練と有酸素訓練は健康に関連した生活の質を改善するとこの研究は結論。さらに、組み合わせ訓練は抑うつ症状に最も利益のある効果をもたらす。

Biomed Res Int.2017;2017:2356346. doi: 10.1155/2017/2356346. Epub 2017 Sep 20.

Effectiveness of Therapeutic Exercise in Fibromyalgia Syndrome: A Systematic Review andMeta-Analysis of Randomized Clinical Trials.

Sosa-ReinaMD1,2, Nunez-NagyS3, Gallego-IzquierdoT3, Pecos-MartínD3, MonserratJ1, Álvarez-MonM1,2.

1

Departmentof Medicine and Medical Specialty, Faculty of Medicine and Health Sciences,University of Alcalá, Alcalá de Henares, Spain.

2

ImmuneSystem Diseases-Rheumatology and Oncology Service, University Hospital"Príncipe de Asturias", Alcalá de Henares, Madrid, Spain.

3

Departmentof Nursing and Physiotherapy, Faculty of Medicine and Health Sciences,University of Alcalá, Alcalá de Henares, Spain.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2018-01-02 23:11 | FMの非薬物治療

大きな手術における手術前後のリリカの使用は、急性術後痛の低下をもたらさない:系統的総説


大きな手術において、術後痛を減らすために、手術前後のプレガバリン使用は有効か。77の無作為対照研究を含む21の系統的総説を同定。大きな手術における手術前後のpregabalinの使用は、急性術後痛において臨床的に重要な低下を恐らくもたらさないことを我々は結論。それは、吐き気、術後嘔吐およびオピオイドの必要量を減らすかもしれないが、鎮静を増加させる。

Medwave. 2017 Dec27;17(9):e7115. doi: 10.5867/medwave.2017.09.7115.

Is perioperative pregabalineffective for reducing postoperative pain in major surgery?

[Article in English, Spanish; Abstractavailable in Spanish from the publisher]

CanihuanteJ1, Molina I1, AltermattF2.

1

Facultad deMedicina, Pontificia Universidad Católica de Chile, Santiago, Chile; ProyectoEpistemonikos, Santiago, Chile.

2

ProyectoEpistemonikos, Santiago, Chile; Departamento de Anestesiología, Facultad deMedicina, Pontificia Universidad Católica de Chile, Santiago, Chile. Email:fernando.altermatt@gmail.com. Address: Centro Evidencia Uc, PontificiaUniversidad Católica de Chile, Centro de Innovación UC Anacleto Angelini, Avda.Vicuña Mackenna 4860, Macul, Santiago, Chile.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-12-31 17:32 | その他

カナダのリウマチ医の線維筋痛症に対する姿勢

方法:カナダ人のリウマチ医に17-項目の横断疫学調査を行い、反応者の対処の実務とFMの診断対処のためのthe 2012Canadian Guidelinesの一致を調べた。結果:調査を試みた 331人のカナダ人のリウマチ医の中で、 140人が調査に回答し、42%の回答率。大分の者は、FMは有用な臨床的な診断であると感じていたが (110/138[80%])FMは客観的に定義されている(75/138 [54%])又は精神社会的な状態(42/138 [30%]) 又は機能していない (37/138 [27%])に分けられた. ガイドラインの推奨に反して, 大部分の者(82/134[61%]) は、圧痛点は診断に有用であることを支持. 半数はFM患者の診療を拒否するかもしれないと回答し, 42%のみが(59/139) この症候群に有効な治療があると回答. ガイドラインに一致して、大部分の回答者はFMを教育、訓練治療、抗うつ薬および, 非麻薬性の鎮痛薬で対処(全て≥89%l);しかし,半数以下しか、これらの治療は有効であることに同意 (9%から47%が同意).2012 ガイドラインの評価によると、多くの重要の制限がある。

J ClinRheumatol. 2017 Dec 27. doi:10.1097/RHU.0000000000000679. [Epub ahead of print]

Attitudes Toward and Management of Fibromyalgia: A National Survey of CanadianRheumatologists and Critical Appraisal of Guidelines.

Agarwal A, Oparin Y, Glick L, FitzcharlesMA,Adachi JD, Cooper MD, Gallo L, Wong L, Busse JW.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-12-31 17:24 | FMの治療総論

女性むずむず脚症候群患者は心血管疾患による死亡率が高い

方法:現在の研究はベースラインで癌、腎不全および心血管疾患(cardiovasculardiseaseCVD)のない the Nurses' Health Study からの57,417 人の女性を含んだ(平均年齢67) (2002). 主要な結果は全死亡率とCVD死亡率. コックス比例ハザードモデルを用いて、年齢、重篤な慢性疾患、およびその他の可能性のある交絡因子で補正して、RLSの状態に基づいた全原因の死亡率と CVD-特異的な死亡率のハザード比(HRs)および 95%信頼区間(CIs)を計算した.結果:10年間の経過観察で6,448人の死亡。医師の診断したRLSと全死亡率の高い危険性の間には有意な関連はなかった (adjusted HR 1.15, 95%CI 0.98-1.34). 原因特異的な死亡率を調べると, 可能性のある交絡因子で補正した後にはRLSRLSでない者に比べると CVDの死亡率の危険性が有意に高い (adjustedHR 1.43, 95% CI 1.02-2.00).長期間のRLSの診断はCVD の死亡率が高いことと有意に関連(p for trend = 0.04). RLSに多い合併症患者を除外すると、RLSと全死亡率 (adjusted HR 1.43, 95% CI 1.03-1.97) およびCVD 死亡率(adjustedHR 2.27, 95% CI 1.21-4.28)の関連を強めた.しかし, RLSと癌やその他の原因による死亡率の間には有意な関連はなかった。まとめ: RLS女性はCVDの死亡率が高く,RLSに一般的な並存症では十分に説明できないかも.

Neurology. 2017 Dec15. pii: 10.1212/WNL.0000000000004814. doi: 10.1212/WNL.0000000000004814. [Epubahead of print]

Prospective study of restlesslegs syndrome and total and cardiovascular mortality among women.

Li Y1, Li Y1, WinkelmanJW1, WaltersAS1, Han J1, Hu FB1, Gao X2.

1

From theDepartment of Nutritional Science (Yinge Li, X.G.), Pennsylvania StateUniversity, University Park; Department of Nutrition (Yanping Li, F.B.H.),Harvard School of Public Health; Department of Neurology (J.W.W.),Massachusetts General Hospital and Harvard Medical School, Boston; Departmentof Neurology (A.S.W.), Sleep Division, Vanderbilt University Medical Center,Nashville, TN; Department of Epidemiology (J.H.), Richard M. Fairbanks Schoolof Public Health, Indiana University, Indianapolis; and Channing Division ofNetwork Medicine (J.H., F.B.H.), Department of Medicine, Brigham and Women'sHospital and Harvard Medical School, Boston, MA.

2

From theDepartment of Nutritional Science (Yinge Li, X.G.), Pennsylvania StateUniversity, University Park; Department of Nutrition (Yanping Li, F.B.H.),Harvard School of Public Health; Department of Neurology (J.W.W.),Massachusetts General Hospital and Harvard Medical School, Boston; Departmentof Neurology (A.S.W.), Sleep Division, Vanderbilt University Medical Center,Nashville, TN; Department of Epidemiology (J.H.), Richard M. Fairbanks Schoolof Public Health, Indiana University, Indianapolis; and Channing Division ofNetwork Medicine (J.H., F.B.H.), Department of Medicine, Brigham and Women'sHospital and Harvard Medical School, Boston, MA. xxg14@psu.edu.



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-12-24 00:26 | むずむず脚症候群

プロトンポンプ阻害薬はClostridium difficile 感染症を増加させる:100万人以上の患者での多施設、後ろ向きコホート研究


150
USの病院の100万人以上の患者での多施設、後ろ向きコホート研究によると、第三および第四世代のcephalosporins,carbapenems, およびpiperacillin/tazobactamと同様に、PPIは病院発症のClostridiumdifficile 感染症を持つ患者のオッズを増加させた。これらの所見は、 酸抑制治療および高い危険性のある抗生物質の適切な使用を支持する。

Clin Infect Dis. 2017Dec 20. doi: 10.1093/cid/cix1112. [Epub ahead of print]

Evaluating the riskfactors for hospital-onset Clostridium difficile infections in a largehealthcare system.

Watson T1,Hickok J1,Fraker S1,Korwek K1,Poland RE1,Septimus E1.

1

HospitalCorporation of America (HCA).



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-12-24 00:18 | その他

薬物治療により死亡の危険性がごくわずかに増える

 国はこの薬は特定の疾患にしか使用してはならないと定めている。しかし、その薬を別の疾患に使用する場合がある。これを適用外処方(目的外処方)という。厳密に言えばほとんどすべての医師は適用外処方をしている。例えば、NSAIDという鎮痛薬(通常の鎮痛薬であり、ロキソニン、ボルタレンなどが含まれる)を使用すると胃潰瘍の副作用が怖いため、抗潰瘍薬を併用する、しかし抗潰瘍薬は潰瘍がすでにある場合には使用できるが、NSAIDによる胃潰瘍予防には使用できない。そのため医師は「胃潰瘍」という病名をでっちあげて抗潰瘍薬を使用する。これは厳密には適用外処方である。この点ではほとんどの医師は適用外処方をしている。しかし、ほとんどの医師が行っているため黙認されている。

慢性痛における適用外処方は言い逃れができない。てんかん、慢性の咳などに使用される薬を鎮痛薬として使用する場合がる。カルテを監査されると言い逃れができない。
 線維筋痛症の薬物治療の治療成績向上のためには適用外処方が必須である。ここで問題が生じる。適用外処方で重篤な副作用(眠気により生じた転倒による外傷を含む)が起きた場合には、大問題になる。患者は医師を加害者とみなしあらゆる手段をとる場合がある。適用外処方ではないが患者とトラブルになり、患者から様々な攻撃を受け、少なくないお金を支払った医師を私は知っている。大野病院事件では、産科手術で患者が死亡し、医師が逮捕され、数年間医師は医療行為をできなかった(無罪が確定し、医師として復帰した)。適用外処方を行ってはならない建て前になっているため、それを行い問題が起これば、その医療行為は間違いなく非難され、裁判になれば医師は間違いなく敗訴する。場合によっては逮捕される可能性すらある。私自身、あまりにも理不尽な患者に「出るところに出てもよい」という非難を数年に1回は受けている。患者の治療成績向上のために行った適用外処方を医師の過失として紛争が起こることは避けなければならない。自分の身を守るため、線維筋痛症の治療を継続するため(他の患者の治療の場を確保するため)。

 副作用は一定の割合で必ず起こる。患者は医師を選べるが、医師は患者を選べない。しかし、紛争を避けなければならない。私がしていること、それは不都合な事実の説明である。「薬物治療をすると、死亡する危険性がごくわずかに増える」という説明である。線維筋痛症に限らず、ほとんどすべて、もしかするとすべての薬を飲むと死亡する危険性がごくわずかに増えてしまう。例えば、テレビの宣伝で有名な風邪薬でも数年で1人は死亡が起きている。余談になるが1人の周辺にはその何倍もの失明者、そして失明者1人の周辺には失明はしないが失業してしまう視力障害者がいる。ごくわずかに死亡する危険性を受け入れられないと、ほとんどすべての薬を飲むことができなくなる。それは医療の恩恵を受けることができないことを意味する。「薬物治療をすると、死亡する危険性がごくわずかに増える」を受け入れられない人が少なくない。驚くべきことに「死亡する危険性がごくわずかに増える薬」をすでに飲みながら、「薬物治療をすると、死亡する危険性がごくわずかに増える」という説明を受け入れられない人がいる。さらに言えば「薬物治療をすると、死亡する危険性がごくわずかに増える」という説明を受け入れられない人は自動車に乗ってはならないと私は考えている。自動車に乗ると交通事故で死亡する危険性が増すからである。私は通勤に自動車を使用している。死亡する危険性が増えることを承知で自動車を運転している。仕事に行くためには、交通事故死する危険性が少し増えてもやむを得ないと私は考えている。

 驚くべきことに、「薬物治療をすると、死亡する危険性がごくわずかに増える」という説明を受け入れられない人が少なくない。この説明を行い始めてからは、患者とのトラブルが激減した。人間が1000人いれば一定の割合で、理解不能の行動、解釈をする人がいる。その人たちは「薬物治療をすると、死亡する危険性がごくわずかに増える」という説明を受け入れられないのであろうと私は考えている。もちろん多くの人はそれ以外の理由で「薬物治療をすると、死亡する危険性がごくわずかに増える」という説明を受け入れられないのであろうと私は考えている。 
 「死亡する危険性がごくわずかではあるが増える」薬をすでに飲んでいるにもかかわらず、「死亡する危険性がごくわずかではあるが増える」鎮痛薬を飲みたくない理由は何であろうか。私には理解できない。私の理解不能な判断をする人が少なくない。

 薬物治療をすると、死亡する危険性がごくわずかに増える」という説明をすることにより治療する患者は確実に減った。意図したわけではないが、患者が減ることにより、1人当たりに費やす時間を増やすことが可能になった。

とある医師から戸田から「死ぬかもしれない」という説明を受けたと言われた。私はここ10年間は「死亡する危険性がごくわずかではあるが増える」という説明をしている。その患者さんは「死亡する危険性がごくわずかではあるが増える」を自分の頭の中で「死ぬかもしれない」に変換したと推定している。間違いではないがかなり意味する内容が違うように感じる。

鍼にも死亡例がある。
 2000年以降世界で報告された全疼痛に対する鍼に関する総説では、鍼が疼痛を軽減する効果を裏付ける有力な証拠はほとんどない。死亡例もある
 Ernst E, Lee MS, Choi TY: Acupuncture: Does italleviate pain and are there serious risks? A review of reviews. Pain. 152(4).755-764, 2011.
日本における死亡の1例報告
http://acupuncture.jp/dspace/bitstream/10592/17369/1/0886.pdf

 飛行機に乗っても死亡例があります。自動車に乗っても死亡例があります。JRに乗っても死亡例があります。

ほとんどすべて、もしかするとすべての薬を飲むと、死亡する危険性がごくわずかに増える、自動車に乗ると死亡する危険性がごくわずかに死増える。しかし
新規に飲む薬で当たり前のこと(死亡する危険性がごくわずかに増える)を言われると、危険性を感じて治療を希望しない。それは人間の不合理性が原因と私は推定している。今まで飲み続けていた薬を飲んでも現在までは死亡しなかった。自動車に乗っていても死亡しなかった。その危険性を指摘されても、今までの経験が、事実(ほとんどすべて、もしかするとすべての薬を飲むと、死亡する危険性がごくわずかに増える)よりも優先される。新たな薬も、今までの薬の危険性と差がないと指摘されても、今まで事故がなかったことが優先される。論理的思考ができる人は新たな薬も、今までの薬の危険性と差がないことに気が付くが、それができない人は今までの薬は安全であり、新たな薬は危険とみなすのであろうと私は考えている。これは正常性バイアスと同じであろうと私は考えている。平穏な場所に煙が充満しても、「この煙は火事が原因ではないはずだ。今まで通り安全なはずだ。」という判断のため避難が遅れてしまう。特に周辺の人がじっとしていると避難が遅れがちになる。論理的思考ができる人とそれができない人の差であろうと私は考えている。厳密に言うとこれは正常性バイアスとは異なるが、安全であると誤解していた今まで内服している薬、自動車の危険性を指摘され、新規の薬の危険性を説明されても、今まで内服している薬、自動車は安全であり、新規の薬のみが危険であると判断してしまう人間の性質が理解不能の判断(新規の薬のみを危険と判断してしまう)の原因と私は推測している。これに関しては論理的判断をしてくださいと願うしかない。



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-12-23 13:36 | FMの雑感

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の発癌性:前向きコホート研究のメタ解析

BZD使用と癌の危険性の前向きコホート研究の用量反応メタ解析。20177月までの22の出版をメタ解析。我々の結果によるとBZD使用と癌の危険性には有意な関連がある(RR:1.25; 95% CI,1.15-1.36).サブグループ解析によると、BZD使用は乳癌 (RR:1.15; 95% CI, 1.05-1.26), 卵巣癌(RR:1.17; 95% CI, 1.09-1.25), 大腸癌(RR:1.07; 95% CI, 1.02-1.13), 腎癌(RR:1.31; 95% CI, 1.15-1.49), 悪性黒色腫(RR:1.10; 95% CI, 1.03-1.17), 脳腫瘍(RR:2.06; 95% CI, 1.76-2.43), 食道癌(RR:1.55; 95% CI, 1.30-1.85),前立腺癌(RR:1.26; 95% CI, 1.16-1.37), 肝臓癌(RR:1.22; 95% CI, 1.13-1.31), 胃癌 (RR:1.17; 95% CI, 1.03-1.32), 膵癌(RR:1.39; 95% CI, 1.17-1.64)および肺癌(RR:1.20; 95% CI, 1.12-1.28)の危険性を有意に高める. さらにBZD使用と癌の危険性の間には有意な用量反応の関係がある (likelihood ratio test, P < 0.001). 我々の結果によると、BZD使用の500mg/年ごと,最初の使用から5年ごと, 3回の処方ごと、および漸増使用期間3年ごとに癌の危険性は各々17%, 4%, 16% および5%増加。

Oncotarget. 2017 Oct19;8(60):102381-102391. doi: 10.18632/oncotarget.22057. eCollection 2017 Nov24.

Benzodiazepine drug useand cancer risk: a dose-response meta analysis of prospective cohort studies.

Zhang T#1, Yang X#2, Zhou J3, Liu P4, Wang H1, Li A1, Zhou Y1.

1

Departmentof Neurosurgery, Taihe Hospital, Hubei University of Medicine, Shiyan, Hubei,442000, China.

2

Departmentof Clinical Laboratory, Taihe Hospital, Hubei University of Medicine, Shiyan,Hubei, 442000, China.

3

Departmentof Rehabilitation Medicine, Taihe Hospital, Hubei University of Medicine,Shiyan, Hubei, 442000, China.

4

Departmentof Dermatology, Taihe Hospital, Hubei University of Medicine, Shiyan, Hubei,442000, China.

#

Contributedequally



[PR]

# by fibromyalgia11 | 2017-12-21 12:41 | 抗不安薬の常用量依存
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line